通信で取れるおすすめ資格ランキング|国家資格や在宅で取得できる資格を一挙紹介!

更新日時 2022/05/11

「通信で取れる資格・通信教育で取れる国家資格について知りたい!」

「在宅でも取れる資格について知りたい!」

このような疑問をお持ちの方、いらっしゃいませんか?

日本には様々な資格がありますが、通信で取れる資格や通信教育で取れる国家資格が多くあります。

人気の資格も在宅で取得することができるので、必要に応じて取得を目指すと良いでしょう。

こちらの記事で、通信で取れるおすすめ資格ランキングを作成し、それぞれ詳しく紹介していきます!

通信で取れる資格についてざっくり説明すると

  • 資格選びに迷ったら簿記が無難な選択肢となる
  • 女性であれば医療事務や調剤薬局事務もおすすめ
  • 自分が分かりやすいと感じた講座を受講すると、ミスマッチを防げる

通信で取れるおすすめ資格ランキング

スマホ

こちらのトピックでは、通信で取れる資格を紹介していきます。

数多くある資格の中でもハードルが低い資格を紹介していくので、興味がある方は積極的に取得を検討してください。

1位:簿記2・3級

簿記2・3級は基本的な企業会計について学ぶことができるため、あらゆる人に役立つオールマイティーな資格です。

汎用性は高く取得するメリットも大きいことから、通信講座も幅広く開講されています。

通信教育で取得できる資格の中でも最もおすすめの資格なので「何か資格が欲しい」と考えている方は簿記がおすすめです。

2・3級は幅広いスタイルの通信講座が用意

簿記2・3級は非常にメジャーなので、多くの種類の講座が用意されています。

スマホで学習できる講座やテキストの分かりやすさが魅力の講座など、様々な企業が簿記対策講座を展開していますが、資格Timesがおすすめするのはスタディングの講座です。

スタディングではスマホ学習に対応している講座なので利便性が非常に高く、忙しい方でも効率よく合格を狙えます。

また、分かりやすく学べるだけでなく受講価格もリーズナブルなので、多くの方に自信を持っておすすめできます。

難易度は一般的で取得しやすい

企業会計の登竜門となる簿記3級は40%台後半~50%代前半の合格率となっているため、取得しやすいレベルです。

一般事務職や経理職を目指すための第一歩としてはハードルが低く、手軽に取り組みやすい点も魅力と言えるでしょう。

ただし、簿記2級は直近10回の合格率は23%程度となっているため、しっかり勉強しないと合格できないでしょう。

就職・転職問わず役に立つ資格

簿記は経理職などを中心に生かせる資格であり、汎用性は非常に高いです。

これらの職種は一般的にすべての企業に設けられている部門なので、需要は常にあると言えるでしょう。

近年では会計の業務をアウトソーシングする企業もありますが、確かな知識を習得していればスキルを生かして仕事を受注することができるはずです。

2位:医療事務

おすすめ資格ランキングの2位は医療事務資格で、医療事務資格保有者は常に一定の需要がある点が魅力です。

勤務形態も自分の生活スタイルに合わせて選びやすいので、女性を中心に人気が高いです。

各通信講座で取れる資格は異なる

医療事務資格と一口に言っても様々な資格があり、通信講座で学習し在宅試験で資格を取得できるものや、通信講座を受講するだけで取得できる資格があります。

通信で取れる資格や習得できる知識はそれぞれ異なるため、事前に確認してから選びましょう。

なお、資格Timesでは医療事務で求められる基礎スキルを習得できるユーキャンの講座をおすすめします。

ユーキャンは「現役医療事務員がオススメする医療事務講座」第一位の講座で信頼性が高く、医療事務に興味を持っている方であれば真っ先に受講するべき講座と言えるでしょう。

難易度は比較的易しい資格が多い

医療事務資格には、難易度の高いものから取得しやすいレベルのものまで幅広く存在します。

全体で見ると取得しやすいものが多いため、医療機関の仕事を探している女性にとっては価値の高い資格と言えるでしょう。

医療機関から高い評価を得られるものが多いため、ぜひ気軽に取得を目指しましょう。

生活スタイルに沿ったライフワークを実現

医療事務資格の最大の魅力は、自分の生活に合わせて柔軟に働き方を選べる点にあります。

短時間でのパートタイム勤務など、住んでいる場所に関係なく勤務場所を見つけることができるでしょう。

そのため、子どもが産まれて保育園に預けた時間だけ働くなど、家庭の事情に合わせて柔軟な働き方が可能です。

女性は妊娠や結婚などのライフイベントによって生活リズムが変わりやすいので、非常にありがたいといえるでしょう。

3位:FP2・3級

ランキング3位はFPで、2・3級の取得がおすすめです。

FPの勉強を通して幅広い金融知識を習得できるため、幅広い就職先で知識を生かすことができるでしょう。

2級の通信講座を選ぶ際は注意が必要

FP2級試験の受験資格を満たすために以下のどれかをクリアしなければなりません。

  • FP3級合格者
  • 日本FP協会認定のAFP認定研修を修了
  • FP業務に関して2年以上の実務経験を有するもの
  • 厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者

多くの方は3級に合格するルートかAFP認定研修を修了するこルートで受験資格を満たしますが、全ての通信講座にAFP認定研修が備えられているわけではありません。

そのため、2級を目指している方は安心して受講するためにも、AFP認定研修を修了できる講座を選びましょう。

この要件を満たした講座として、フォーサイトのFP講座が挙げられます。

フォーサイトは日本FP協会認定の「認定教育機関」であり、この講座を受講することで、FP2級の受験資格を得ることができるため、2級を最初に受験したい方にはおすすめの講座です。

取得しやすいお手頃な難易度

FP3級試験の合格率は50~80%程度で、かなり難易度は低いと言えるでしょう。

通信講座を活用して学習することで確実に合格できる難易度なので、自信がない方はまず手始めに3級の取得を目指しましょう。

また、就職などでアピール材料となる2級の合格率は30%程度となっており、こちらも比較的取得のハードルは低いです。

3級を取得して手応えを得た後は、間髪入れずに2級の勉強に着手することをおすすめします。

生活におけるお金の管理にも役立つ資格

FP資格は就職で役立つだけでなく家庭においてお金を管理する場面で役立ちます。

就職面では、金融・保険業界をはじめとして不動産業界などでも活躍できるため、活用できるフィールドは非常に広いです。

また、家庭面では資産運用や家計管理をはじめとして計画的な住宅購入の知識が身に着くので、取得することによるメリットは豊富であるといえるでしょう。

4位:調剤薬局事務

調剤薬局事務系の資格は初学者でも取得しやすい難易度の資格が多いため、気軽に勉強に着手できます。

病院やクリニック、調剤薬局やドラッグストアで調剤薬局事務資格は活かせるため、求人も豊富にあります。

通信講座ごとに取得できる資格が異なりますが、特定の資格取得を目指していない方であればユーキャンの調剤薬局事務講座がおすすめです。

ユーキャンの講座は「現役調剤薬局事務員がオススメする調剤薬局事務講座」で第一位を獲得しており、信頼性は抜群です。

質の高い学習を通して即戦力になることができ、資格自体も権威性が高いので、自分の市場価値を高めることができるでしょう。

5位:薬機法管理者

薬機法(旧:薬事法)とは、医薬品の品質や安全性を保ち、製造から販売・表示・広告などについての規制を定める法律です。

医療系の記事や文章は薬機法に抵触してしまうことが多く、これにより権威を急速に失ってしまうことも少なくありません。

薬機法に抵触することで大きな利益損失を被ってしまうことから、広告業に携わる方にとって薬機法管理者は必須の資格と言えるでしょう。

なお、おすすめの講座は好きな時間帯に自分のペースで勉強できる「薬事法ドットコム」の「薬機法管理者講座」です。

最短3か月で薬事法・景表法の内容をマスターすることができ、正しい広告表現をいち早く学ぶことができるでしょう。

6位:メンタル心理カウンセラー

近年はストレス社会とも言われていますが、メンタルサポートをする仕事としてメンタル心理カウンセラーも人気が高いです。

なお、こちらはキャリカレの講座の受講を通して在宅で取得できる資格なので、ハードルが低く誰でも気軽に勉強できる点が魅力です。

教材も分かりやすく受講生のサポーも体制も充実しているため、興味がある方はぜひキャリカレの講座受講を検討してみてください。

心の支えを必要としている人をサポートし、メンタルヘルスのプロとして独立開業や副業などにも生かせるため、やりがいも大きく今後の需要も尽きないでしょう。

7位:食育実践プランナー

食育実践プランナーは食育に関する知識を習得できる資格で、健康的な食事を考えたり食育の重要性を伝える、まさに食育のプロです。

日々の生活に役立つだけでなく、食品を扱う企業においても重要視されている資格なので、今後ますます価値は高まっていくでしょう。

なお、こちらの資格もユーキャンの通信講座を修了していることが受験要件として課せられているため、ユーキャンの講座をまずは受講するようにしましょう。

わかりやすいテキストや、手厚いサポート体制の元学習をスムーズに進めることができます。

8位:G検定

G検定はAIやディープラーニングの基礎について学ぶ資格で、今後ますます需要が高まるであろうAI関連の人材育成を目的としています。

合格率も60~70%程度と高く、初学者でも身構えることなく取り組める難易度です。

しかし、AIに関する予備知識が無い方にとって独学で勉強するのは大変なので、そのような方には、資格スクエアのG検定対策講座を活用して対策を進めていくことをおすすめしています。

資格スクエアではスマホで視聴できるオンライン講義を採用しているので、忙しい方でも着実に知識を身に着けることが可能です。

9位:コスメ検定

コスメ検定は化粧品に関する資格で、化粧品の成分や効能を正しく理解することができます。

勉強を通じてスキンケアやメイクアップ、サプリメントなど幅広い美容の知識を習得できるため、化粧品メーカーや美容業界で働いている女性を中心におすすめです。

コスメ検定講座は、資格講座において圧倒的存在感を誇るユーキャンで開講されているため、そちらを受講して対策を進めることで、効果的に資格取得までたどり着くことができるでしょう。

10位:動物介護士

動物介護士の勉強で身近なペットの健康をサポートできる知識やスキルを習得できるので、ペット業界の即戦力として活躍できます。

人間と同じようにペットも高齢化していくので、いつまでも愛犬や愛猫と楽しく過ごすためにも動物介護士のニーズは高いです。

なお、こちらの講座はキャリカレの認定講座を受講しないと受験できないため、ご興味のある方は、一度キャリカレのHPをご覧ください。

通信教育で取れる人気国家資格ランキング

ペンとメガネ

続いて、通信教育で取れる国家資格の人気ランキングを紹介していきます。

独学では必要な情報が得られなかったり、長期間の学習モチベーションが保てないなど様々な障壁があるため、確実に合格を目指す場合は通信講座の利用がおすすめです。

1位:宅建

1位は国家資格の中でも人気の宅建で、取得にあたってもコストパフォーマンスが抜群に優れている点を評価しランキング1位としました。

多種多様な通信講座が存在

宅建の取得を目指す人は非常に多く、受験者数は20万人を超える人気を誇ります。

取得を目指す人が多いことで自然と通信教育コンテンツも発達し、自分と相性の良い通信講座の利用を通して効果的な対策が可能となっています。

多くの企業が宅建対策講座を展開している中で、資格Timesが最もおすすめするのはフォーサイトです。

フォーサイト受講生は全国平均の3~4倍の合格率を誇っており、講座の実績と信頼度は群を抜いています。

教材も分かりやすいと好評を得ていることから、非の打ち所が無く初学者には真っ先におすすめできる講座と言えるでしょう。

国家資格としては手ごろな難易度

宅建の平均合格率は15%ほどとなっており、難関国家資格の部類の中では取得しやすい難易度となっています。

また、出題はマークシート問題だけであることに加えて、過去問の焼き直しが多いことから対策も取りやすいです。

自身の評価が上がるだけでなく資格手当が支給されるなど取得メリットは大きく、コストパフォーマンスは抜群です。

不動産業界では取得必須の資格

宅建は不動産業界で働く際には必須の資格です。

不動産の契約締結前に行う重要事項の説明などは宅建士の独占業務となっており、宅建士の需要は常にあることが分かるでしょう。

また、宅建業者は5人に1人以上の割合で宅建士を置かなければならないルールもあるため、宅建資格が不動産業界就職に向けた大きなアピール材料となるのは間違いありません。

2位:行政書士

2位は合格率10%程度の難易度の行政書士で、独立系資格としては比較的取得しやすいレベルです。

法務のフィールドで独立を目指している人にとっては、非常におすすめの資格です。

通信講座の教材の質は要チェック

行政書士資格は今回紹介する資格の中でも難易度の高い部類に入ります。

複雑な法律知識が要求される試験なので、講座で提供される教材の分かりやすさについては事前にしっかりとチェックしておかなければなりません。

また、複雑な民法の権利関係をイメージできるように「図解が用いられているか」「背景となる知識を含めて丁寧な説明がなされているか」も予め確認しておくと良いでしょう。

なお、資格Timesがおすすめする通信講座はフォーサイトの行政書士講座です。

フォーサイトではテキストの質に強いこだわりを持っており、その結果高い合格率を誇っている実績十分の講座なので初学者でも安心です。

難易度はやや高い

行政書士試験の難易度は合格率10%程度となっており、10人に1人しか合格できないレベルです。

受験生の中には何年もかけて合格する方もおり、学習する際には長期的な勉強計画を立ててモチベーションを保てるように工夫しなければなりません。

出題数が多い科目を重点的に勉強すれば自然と得点は伸びていくので、メリハリをつけた勉強も大切です。

独立を目指す方におすすめの資格

行政書士取得の大きな魅力は、就職や転職だけでなく独立にも役立つ点にあります。

実際に、行政書士受験者の中には独立を志す方の割合が多いため、独立を考えている方にとっては特におすすめの資格です。

また、行政書士は低コストで開業できる点も大きな強みなので、週末開業などといった形で活用することも可能です。

3位:登録販売者

3位は、ドラッグストアなどで扱われている医薬品の販売ができる登録販売者です。

就職先の種類が豊富で、難易度もそこまで高くないので初学者でも無理なく取得を目指せる点が魅力です。

サポート体制は講座を探す際に要チェック

登録販売者の受験者の多くは、仕事や家事と両立しながら資格取得を目指す社会人や主婦の方です。

ガッツリと勉強に割ける時間が無いため、講座を選ぶ際には「効率よく学習を進めるためのサポート体制が整っているか」を必ずチェックしましょう。

なお、この受講生サポートの観点から見ると、おすすめなのはユーキャンの登録販売者講座です。

オンライン学習サービス「学びオンラインプラス」にて、スマホ学習が可能であったり、学習機関を延長できるサポートが搭載されているなど、忙し方が学習を進めやすいコンテンツが盛りだくさんとなっています。

比較的高い合格率を誇る

登録販売者は都道府県ごとに試験が行われているため、一律の合格率が発表されているわけではありせん。

しかし、全国の数値を集計して平均した数値によると、2020年度の実績は41.5% となっています。

つまり、およそ半分近くの受験生が合格できるレベルなので、これまで紹介してきた資格と比べても手軽に取得を目指せることが分かるでしょう。

就職先の豊富さは大きな魅力

登録販売者は、簡単に言うと医薬品を扱う店舗であればどこでも活躍できます。

ドラッグストアや調剤薬局はもちろんのこと、近年では医薬品の販売を行うコンビニや家電量販店も増えているので、働き口は豊富と言えるでしょう。

なお、登録販売者資格を保有していることで時給が上乗せされるケースが多いことから、金銭的なメリットが得られる点も魅力です。

4位:ケアマネージャー

ケアマネージャーは介護に関するプロフェッショナル資格であり、介護現場からの需要は高まっています。

ケアプランの作成や管理や要介護の認定、被介護者とその家族との相談などが主な業務となっており、今後ますます高齢者が増えていく日本においてはますます価値が高まっていくでしょう。

なお、ケアマネージャー資格を目指すにあたっては、ユーキャンの講座で対策するのがおすすめです。

ユーキャンは質問対応サービスに加えて、受講生専用サイトである「学びオンライン プラス」を利用することで講義動画やWebテストを受けることができます。

試験月までしっかりとサポートしてくれるので、忙しい方でも安心して受講できる点が強みです。

5位:危険物取扱者

危険物取扱者資格にはいくつかのランクが設けられており、ランクによって取り扱うことができる危険物の種類が異なります。

例えば、甲種であれば消防法に指定されている全ての危険物を扱うことができ、乙種であれば第1類から第6類までの各試験に合格することで、該当する危険物を取り扱うことができます。

合格率は試験の種類によって異なりますが、概ね30~60%と比較的取得は容易なレベルです。

確実に合格を目指す場合は通信講座の利用がおすすめですが、中でもスタディングは評判が高いです。

スタディングはとにかく安く受講できる点が最大の魅力で、安さを最優先している方にはベストな選択肢となります。

また、ただ安いだけでなくスマホでインプットとアウトプットの両方を行うことができる環境が整備されているので、隙間時間で勉強しやすい点も魅力です。

6位:社労士

社労士は今回紹介する中でも最も難易度が高い試験であり、通信講座を活用して学習するのが一般的です。

取得までの道のりは長く険しいですが、その分需要の高さは非常に高く社労士を生かして活躍できるフィールドは広いです。

一般企業の総務部門や人事部門はもちろん、社会保険労務士事務所や独立という選択肢も持てるため、資格を取得するメリットは絶大です。

なお、資格Timesがおすすめする通信講座は高い合格実績を誇るフォーサイトで、2020年度試験のフォーサイト受講生の合格率は全国平均の3.73倍であることから教材と講義の質が優れていることが分かるでしょう。

受講生のサポートも充実しているので、難関資格を前に躊躇している方でも安心して受講できるでしょう。

7位:基本情報技術者

基本情報技術者は今の時代のトレンドであるIT系の資格であり、エンジニアになるための登竜門的位置づけの資格と言われています。

合格率は20%程度で難易度は比較的高めであるため、特に初めてIT関連の知識を学ぶという方は、通信講座を活用するのが良いでしょう。

特におすすめの通信講座がスタディングで、スタディングは圧倒的に受講料が安い点に加えて、質の高いスマホ学習コンテンツが大きな売りです。

当講座から多くの受講生が基本情報技術者合格を勝ち取っていることから、ぜひ一度受講を検討してみるとよいでしょう。

8位:電験三種

電験三種は一定規模内の電気工作物の点検を行い、工事の保安や監督・運営を行う電気に関するスペシャリストです。

電気工事のニーズは時代に関係なく常にあるため、電験三種を取得しておけば働き口で困ることは無いでしょう。

なお、おすすめの通信講座は初学者にも優しいユーキャンで、計算問題が多い電験三種試験に対応できるように数学対策を丁寧に行ってくれます。

カリキュラム通りに進めれば合格に近付くことができるため、ぜひ受講を検討してみてください。

9位:通関士

通関士は税関を通過するために必要な業務の代行を行うことを主な業務としており、通関書類の作成や手続きなどを行います。

合格率は10%前後で推移していることから難易度はかなり高いと言えるので、通信講座を活用して合格を狙うのがおすすめです。

特にフォーサイトの通関士講座は全国平均の3倍に迫る合格率をたたき出していることから、取得をご検討中の方は是非一度受講を検討してみてください。

10位:衛生管理者

衛生管理者は労働者の労災を防ぐために活躍しており、技術的事項を管理する国家資格です。

労働者50人以上の事業所では衛生管理者の選任が義務付けられているため、常に需要がある資格と言えるでしょう。

合格率は50%程度で推移しており「やや簡単」レベルではありますが、油断していると不合格になってしまうで気を付けましょう。

なお、通信講座にて学習を進めたい方はアガルートの衛生管理者講座がおすすめです。

アガルートでは試験に精通したプロ講師がつまずきやすいポイントや試験で狙われやすい箇所まで丁寧に解説してくれるので、効率の良い学習が可能です。

通信で取れる資格の選び方

手

通信教育の種類は豊富かどうか

取得を目指す資格の講座が豊富に用意されているかどうかは、学習の選択肢を増やすという意味でも非常に重要です。

種類が豊富であれば自分の状況に合わせて効率よく学習できる講座を選択できるため、合格できる可能性を高めることができるでしょう。

一方、講座が少ない場合は「仕方ないからこの講座を選ぶ」という状況になってしまい、人によっては満足な学習を行えない可能性があります。

そのため、効率よく勉強するためにも講座の豊富さ大切なポイントなのです。

国家資格の場合は難易度も要チェック

通信教育で取れる国家資格の中には難易度が高いものも少なくありません。

通信講座にも弱点はあり、以下のような理由から極端に難易度の高い資格の学習には向いていません。

  • 長期間の学習モチベーションを保ちづらい
  • 添削の機会が不足
  • 身近に質問できる相手を作りづらい

難易度が高い資格であればあるほど周囲のサポートは重要となるため、通信講座で選ぶ際の基準として「合格率は少なくとも10%以上」である資格を選ぶと良いでしょう。

在宅で取得できるか否か

通信で資格勉強をする場合は、在宅で資格を取得できるかどうかも見ておくと良いでしょう。

在宅受験の場合は資料を見ながら試験に臨めるため、取得のハードルはかなり低いです。

特に、趣味系資格であれば気軽に在宅で取得できるケースが多いため、試験情報についてもチェックしておくことをおすすめします。

通信講座で資格を取得するメリットは豊富

通信講座受講の女性

リーズナブルな値段で資格取得を目指せる

通信講座を活用する大きなメリットは、コストを予備校よりも大きく抑えられる点です。

予備校でのリアルタイムの講義は集中力を保ちやすい反面、コストが高くなかなか受講に踏み切れない方も多くいます。

通信講座であれば試験に精通したプロからの指導は受けることができる上にコストも抑えられるので、魅力的な選択肢と言えるでしょう。

忙しい方でも学習しやすい教材が揃っている

通信講座は、自宅学習だけでなく外出先での隙間学習に対応できるコンテンツも充実しています。

講義動画はほぼ全ての講座で用意されており、また講座によっては問題演習機能まで揃っています。

仕事や家事で忙しい方にとって、このような学習機能は非常にありがたい存在なので、通信講座を活用するメリットは大きいと言えるでしょう。

教材のレベルが非常に高い

現在は通信講座の競争が激しくなり、それに伴って各社のレベルが急速に高まっています。

その結果、予備校と比較しても遜色ないレベルの教材や講義が実現しているので、これは利用者にとってうれしいポイントと言えるでしょう。

合格実績を高めるために試験傾向を徹底的に分析し、テキストの内容にしっかり反映させて分かりやすい教材を作成する講座が多く、初学者でも理解できるような工夫を重ねているのでクオリティは申し分ありません。

通信で取れる資格まとめ

通信で取れる資格まとめ

  • 通信で取れる資格の中でも、国家資格は対外的な信頼度も高くおすすめ
  • 行政書士や社労士などの難関資格は価値が高い
  • 近年の通信講座のクオリティは非常に優れているので、安心して受講できる

通信で取れる資格と通信教育で取れる国家資格には多くの種類がありますが、自分の得意分野やキャリアにおいて役立ちそうなものを優先して選ぶと良いでしょう。

なお、資格選びに迷ったら汎用性が高い簿記やFPがおすすめです。

近年の通信講座のクオリティは非常に高くサポートも充実しているので、ぜひこちらの記事で紹介した通信講座を活用して取得を目指してみてください!

人気記事
資格Timesは資格総合サイト信頼度No.1