資格スクエアの司法書士講座の評判は?口コミから講座の実態を徹底調査!

更新日時 2021/09/14
この記事は専門家に監修されています 司法書士 林祐司

資格スクエアの司法書士講座の販売は現在終了しています。

「資格スクエアの司法書士講座について知りたい!」

「資格スクエアの司法書士講座の評判や口コミは?」

このような疑問をお持ちの方、いらっしゃるのではないでしょうか?

難関資格である司法書士試験の合格を目指して通信講座の利用を検討している方にとって、資格スクエアの講座の評判や口コミは気になるという人も多いでしょう。

こちらの記事では、資格スクエアの司法書士講座の概要や評判について解説していきます!

資格スクエアの司法書士講座をざっくり説明すると

  • 受講価格は通学講座の約半額
  • スキマ時間が有効活用できるオンライン講座
  • 実績のある講師が講義を担当
  • 講座の質は非常に高い
  • 講座のバリエーションは豊富で自分に合った講座が選べる

資格スクエアの司法書士講座の特徴

資格スクエアのロゴ

まずは資格スクエアの講座の概要をざっくりと確認していきましょう。

資格スクエアの司法書士講座の特徴をピックアップすると以下のようになります。

  • 実力派講師の三枝講師による一貫指導
  • 受講価格は他の通信講座と比べても標準的
  • オンラインでの学習効率を最大限に効率化させる工夫
  • スキマ時間にスマホやパソコン・タブレットで効率的に学習できる
  • 講義の画面からワンクリックで気軽に質問することが可能で、サポート体制も充実しており安心
  • 忙しい社会人の方にも最適な講座

資格スクエアの講義は、実務の話を交えたわかりやすい語り口で一躍カリスマ講師に躍り出た「三枝りょう」氏が担当しており、難解な内容もかみ砕いて説明もらうことで内容理解を深めることができます。

また、オンライン学習の質にも徹底したこだわりを見せており、特に講義動画の視聴の際には同一画面でメモを取りながら講義を受けることができます。

よって、法律に初めて触れられる方や、自宅で学習する時間をなかなか取れない方におすすめできる講座であるといえるでしょう。

受講料金を他社と比較

お金の画像

資格スクエアの司法書士講座はいくつか種類があり、初学者は「逆算プラン」もしくは「独学プラン」を選択する方が多いです。「逆算プラン」は382,800円(税込)、「独学プラン」は327,800円(税込)という価格設定になっています。

この2講座は2022年の司法書士試験の合格を目指す講座です。

確かに、こうした講座費用はスタディングなどのオンラインでの授業の配信に特化した講座と比較すると高額ですが、伊藤塾などの通学形式の講座と比較した場合は約二分の一程度の費用であるため、妥当と言えるでしょう

資格スクエアは質問サポートも充実しており、通学講座と通信講座をそれぞれ良いとこ取りをしたようや講座なので学習効率は申し分ありません。

割引制度も存在

資格スクエアには「他資格割」という割引制度があります

これは、宅建・行政書士・社労士等の他の資格に合格した人のステップアップをサポートするために、これらの資格に合格している方は20%割引の価格で司法書士講座を受講できるという制度です。

また、当初は資格スクエア以外の予備校や通信講座で学習していたものの、途中で資格スクエアの講座に乗り換えた方に対しては「乗換割」として受講料を20%割引する制度もあります

さらに、以前資格スクエアで学習していた方は「再受講割」として受講料を30%割引の価格で受講できる特典もあります。

このように、資格スクエアは皆さんの資格取得やスキルアップをサポートするために割引制度を設けています。

該当する方は、これらを有効活用してぜひお得に司法書士講座を受講してみてください。

資格スクエアの教材を他社と比較

次に、資格スクエアこだわりの教材を見ていきましょう。

効率的なインプット学習を意識

インプットの講義動画

資格スクエアの講座には、日頃の仕事が忙しく勉強時間がなかなか確保できない方でも、限られた時間の中で効率的に学習できる工夫がたくさん設けられています。

例えば、講義は1.2倍速~2倍速で何度でも聞き返すことが可能となっています。

そのため、理解が浅く不安な箇所は何度も聞き返すなど、自分の理解度や勉強の進捗に合わせて効率良く学習を進めることが可能となっています。

また、スマートフォンやタブレットがあれば勉強を進めることができるため、重い六法を持ち歩かなくても勉強が可能です。

資格スクエアの学習サポート機能には、条文をワンクリックで確認できる機能が搭載されているためこれを使いこなせれば非常に便利です。

使用するテキストの質も高いため、初学者でも安心して取り組めるでしょう。

問題演習も従来とは異なる発想で強化

会社法の教材

テキストのインプットが進んだ後は、インプットした知識を定着させるために問題演習を多くこなすことが重要です。

本を読みながら勉強することも大切ですが、資格スクエアの講座ではスマートフォンで択一試験対策のための本番試験さながらの問題に取り組むことができます

択一試験対策よりも記述試験対策の方が手間がかかるため、択一対策にはあまり多くの時間を割かずに済ませたいところです。

そのため、資格スクエアが独自に提供している機能を有効活用して択一式試験対策は通勤時間などの隙間時間を利用すると良いでしょう。

資格スクエアは隙間時間を活用しやすい講座となっているため、非常に画期的であると言えるでしょう。

記述講座も含まれるフルパック

資格スクエアの司法書士講座には、いくつか種類があります。

その中でも、入門から本番試験合格レベルまでの対策が可能な「【2021年向け】初学者向け合格フルパック」が特にオススメです。

このフルパックの講座では、初学者向けの記述講座とオリジナル記述問題講座が含まれているため、オンライン学習の環境であっても教室で講師から授業を受ける形に近い環境で授業を受けることが可能です。

つまり、ライブで講座を受講している雰囲気を味わうことができるため、集中して勉強できるのです。

オンラインでも良質なアウトプット学習が可能

たくさんのテキスト 資格スクエアの司法書士講座では、講義と対応している問題演習がカリキュラムに組み込まれているため、インプットとアウトプットをバランス良くこなすことができます

この機能は、パソコンだけでなくスマートフォンにも対応しているため、通勤時間などを有効活用してアウトプットすることも可能です。

合格するために必要な問題は自動的に正解するまで繰り返し問われる等の機能も搭載されているため、押さえるべき問題を失点することを防ぐこともできます。

このように、資格スクエアの講座は無理・無駄のない学習が可能となっているのです。

Web択一問題集が学習効率を高める

資格スクエアが開発したWeb択一問題集を活用することで、通勤時間等を択一問題のアウトプットに充てることができます。

従来であれば、通勤時間等はちょっとした暗記程度しかできなかったため、非常に画期的な問題集と言えるでしょう。

また、通勤時間などの活用をこのWeb択一問題に統一することで、自宅にいるときなど勉強に集中できるときは「初学者向け記述講義」と「オリジナル記述問題講義」での記述対策に集中することが可能となります。

このように、通勤時間は択一式問題対策、自宅にいるときは記述式対策という勉強スタイルを確立すると良いでしょう。

資格スクエア講座受講者の合格率は?

大きな疑問 資格スクエアでは、講座を利用した方の合格率データの公表を行っていません

データが見られないと不安だという声もある一方で、通信講座という形式の都合上、講座を提供してる会社にとっても受講者全員の合否を把握することは非常に困難です。

そして、他の予備校や通信講座でも同様に全員の合否を把握することはできていません。

こうした状況の中では、資格スクエアの司法書士講座を担当している三枝講師は指導開始直後から一発合格者を多く輩出しているという実績があり、むしろ資格スクエアの講座は実績にも信頼して受講できるといえるでしょう。

実際に三枝講師は、合格のノウハウを十分に持っていて合格するためのコツをしっかりと伝える講義を提供しており、指導の質の高さには定評があります。

また、司法書士試験の合格率は一次試験と二次試験を通じて3~4%程度とかなり低い水準ですが、資格スクエアでは一次試験の対策の完成度の高さにも定評があります。

資格スクエアではWeb択一問題の演習を多く積むことで一次試験の完成度を高めることができるため、着実に取り組めば一次試験を突破することができるでしょう。

二次試験のみの合格率は30%程度となっているため、資格スクエアの講座を受講してコツコツと勉強を頑張ってきた方の合格率はこれに近い数字になるといえるでしょう。

資格スクエアの司法書士講座の惜しい点

雨に降られる男性 前述したように、資格スクエアの講座は質の高い講義を提供しており、特に、オンライン講座の形式で司法書士試験に合格したいという方におすすめであると言えるでしょう。

しかし、優れた講座である資格スクエアにもやや惜しい点があるため、それらを知った上で受講を決めたいという方も多いでしょう。

ここではそうした資格スクエアの惜しい点も包み隠さず解説していきます。

どうしても通学で学びたい方には不向き

資格スクエアの講座はオンラインで講義が配信される形式であるため、教室などでライブで講師の話を聞きたいという方には向いていないといえるでしょう。

また、講義を受ける中で不明点があればすぐに質問をして解決したいという方にも不向きです。

資格スクエアは内容の分かりやすさや重要なポイントを絞って解説をしている点などに定評がありますが、どうしてもオンラインではなく対面で授業を受けたいという方には、資格スクエアの講義は向きません。

しかし、何度も繰り返し講義を聞くことができたり質問対応などのサポートも充実しているため、受講者の最終的な満足度はかなり高くなっています

添削指導は全10回実施

資格スクエアの司法書士講座では、直近5年分の司法書士試験の不動産登記法5問と商業登記法5問の計10問の記述問題の添削指導を行っています

司法書士試験の記述問題を攻略するために必要な「答案の型」を身につけることができる指導となっていますが、一方で添削指導の数が少ないのではないかという意見も多いです。

ただし、むやみやたらに数をこなすのではなく、10回の丁寧な指導に絞ることによって、満点を目指す過度な対策に陥ることなく合格点を狙いに行くコスパのよい姿勢が維持されていると評価することもできるでしょう。

資格スクエアの司法書士講座一覧

本を読む少女 資格スクエアで準備されている司法書士対策の講座は、以下の表のようになっています。

なお、受講価格はいずれも税込みです。

講座の名称 受講価格(税込)
逆算プレミアム(2022年司法書士試験合格目標) 547,800円
逆算プラン(2022年司法書士試験合格目標) 382,800円
独学プラン(2022年司法書士試験合格目標) 327,800円
【2021年合格目標】既修者向け速習パック 44,000円
【2021年向け】初学者向け合け合格フルパック 音声ダウンロード 44,000円

以上の表のように、初学者の方が資格スクエアを受講する際には「逆算プラン」もしくは「独学プラン」を受講することになるでしょう

特に、「逆算プラン」は、「独学プラン」以上に手厚い指導を受けることができ、おすすめの講座です。

資格スクエアの講座がおすすめできる人

笑顔の女性 資格スクエアの司法書士講座は質が高く、初学者でも法律知識がある方でも司法書士資格取得を目指している人に幅広くおすすめすることができます。

ただし、講座に合う合わないは個人差がどうしても出てきてしまうため、受講を検討する際には自分に合った講座かどうかをしっかりと確認しておきましょう。

資格スクエアの司法書士講座がおすすめできない人

資格スクエアの司法書士講座は、基本的にはオンラインで進んでいきます。

受験者の中には「学校のようなスタイルじゃないと集中できない」という方も実際におり、校舎や教室で講師から指導を受けたいという方には合わない点に注意が必要です。

資格スクエアはどんな人におすすめ?

資格スクエアの講座は、従来の通信講座のように単にテキストが送られてきて一方的に講義を聞くというスタイルではありません。

従来の通信講座のあり方よりも圧倒的にサポート体制が充実しており、スマートフォンやパソコンを活用して質の高い講義が受けることができます。

また、直近の出題傾向を詳細に分析して講義を提供してくれるため、自分自身で出題傾向を調べる手間を省くことができます。

しっかりと近年の傾向や頻出論点が分析されたテキストや講座を利用して勉強したいという方にも、資格スクエアは自信を持っておすすめできます

忙しい方こそ資格スクエア

資格スクエアで司法書士講座を担当している三枝りょう講師の講義は、通勤時間等のちょっとした隙間時間に聞いても理解しやすいと評判が良いです。

また、隙間時間に学習が進めやすいように、情報の一元化に優れた教材設計となっている点も大きな強みとなっています。

不明点や疑問点があればすぐに講師に質問でき、条文もワンクリックで確認できる設計になっているため、とにかく効率良く勉強できる体制が整っています。

そのため、これまで「通信講座だと不安」いう印象を抱いていたという方でも安心して利用することが可能です。

資格スクエア利用者の口コミ・評判

笑顔の皆さん 資格スクエアの司法書士講座に関する口コミは残念ながら見つけることができませんでした。

よってここでは、司法書士コースと特徴の似ている司法試験コースの受講生の声を中心に紹介していきます。

非常に理解しやすい

やはり司法書士試験が難しいという事情があるため、しっかりと復習する必要があるという点はどの講師の授業を受ける場合であっても注意が必要です。

資格スクエアの講師は、つまずきポイントを中心に丁寧に説明してくれ、わかりやすいという点で多くの評判を集めていました。

基礎講座だと先生の説明が凄く的確でした!他の予備校に比べてコンパクトにまとまっていると聞いていたのですが、勉強をする上で何をするか明確で助かりました。 予備試験合格者の声

初心者が躓きそうなところを丁寧に説明してくれる点がgoodです!全体的にブラッシュアップをするという点ではマッチしていましたね。 予備試験合格者の声

まず、加藤先生の過去問講座はホワイトボードを用いて論点の解説(不真正不作為犯など)や答案構成のやり方、処理手順(伝聞や行政裁量など)、関係図(民法や会社法など)を視覚的にわかりやすく説明してくれるので理解がしやすいです。 司法試験合格者の声

資格スクエアは司法試験の実績に特に長けていることから、法律指導が特に優れていることが、これらの口コミから伝わってきます。

司法書士講座も、資格スクエアのこれらのノウハウを生かして、わかりやすい指導を展開してくれること間違いなしでしょう。

オンラインだから効率的な学習ができた

資格スクエアの講座を利用して司法書士や司法試験に合格した方はオンライン学習だから効率的に学習ができたというコメントを残している方が多くみられました。

私はとにかくスキマ時間に勉強するタイプなので、朝起きて、昨日の復習を朝ごはん前にして、朝食後に筋トレしながら資格スクエアの動画を観たり・・・何かをしながらの勉強が多いです。

電車乗りながら読むとか、駅にいるときやバイトの休憩時間に参考書見たりして。 ファミレスで、ドリンクバーだけで朝から晩まで勉強するのも良くやりました。 予備試験合格者の声より

自分の空いている時間を有効活用できるオンライン予備校を探していたところ、友人から「価格が安くていいオンラインの予備校があるよ!」と聞き入会しました。

資格スクエアは短答・論文・口述式試験までサポートが充実しており、安心して試験に臨むことができました。 予備試験合格者の声より

オンライン学習の様々な機能が資格スクエアには搭載されていることから、効率的な学習を進めやすいです。

これによって、忙しい合間でもストレスなく勉強に集中できるでしょう。

資格スクエアの司法書士講座のまとめ

資格スクエアの司法書士講座をまとめると

  • 予備校と比較すると半額と非常にお得な受講価格
  • 質問対応などのサポートも充実しており、安心して勉強できる
  • 様々な割引制度もあるため、積極的に活用しよう
  • 隙間時間にも学習がはかどる講座で忙しい社会人にもおすすめ

資格スクエアの司法書士講座は、テキストなどの教材が優れているだけでなくスキマ時間をうまく活用できる点が強みとなっています。

質問対応も整備されているため、「疑問点が出てきたときにどうしよう?」と悩む必要もありません。

受講価格が抑えられており、講義の質も高いため、通信講座選びでお悩みの方はぜひ資格スクエアを利用してみてください!