1. MBA
  2. 社会人はMBAを目指すべき?取得メリットから日本国内のおすすめ大学院まで解説!

社会人はMBAを目指すべき?取得メリットから日本国内のおすすめ大学院まで解説!

更新日時 2021/03/12

「社会人がMBAを取得するメリットはあるの?」

「日本国内でMBAを取得できるビジネススクールや大学院について知りたい!」

このような疑問をお持ちの方、いらっしゃいませんか?

MBAとは、簡単に言うと経営に関するプロを指します。

日本でもMBAを取得できるビジネススクールや大学院があるため、経営のプロを目指している方はぜひ利用を検討すると良いでしょう。

こちらの記事で、社会人がMBAを取得するメリットや、日本国内のおすすめ大学院などについて詳しく解説していきます!

社会人のMBAについてざっくり説明すると

  • 週末を利用しながらMBA取得を目指すことも可能
  • MBAを取ることで経営のプロとしての視点を広げることができる
  • 各スクールに特徴があるため、それぞれ確認が必須
目次
  • 社会人がMBAを取得するメリット

  • 【社会人向け】MBAスクールの正しい選び方は?

  • 国内のおすすめMBAビジネススクール・大学院

  • MBAスクールの受験難易度・勉強時間

  • 社会人のMBAまとめ

社会人がMBAを取得するメリット

こちらのトピックでは、特に社会人がMBAを取得することで得られるメリットについて解説していきます。

経営者に求められる知識を得られる

MBAを取得するための大学院では、主に経営全体についての専門的な知識を学ぶことになります。

経営に関する知識だけでなく、大学院では専門的にヒト・モノ・カネ・情報という経営資源を効率的に使うためのスキルを習得できます。

必要となる思考力や経営者としての判断力も身に着けることができるため、経営者に必要な要素を漏れなく習得できるのです。

様々な価値観を共有

MBA取得を目指す勉強仲間の中にはコンサルタントや総合商社、弁護士、医者などステータスの高い方が集まります。

MBA取得までに約2年間かかりますが、その期間中に優秀なクラスメイトと交流することで、多様な価値観に触れて視野を広げることができるでしょう。

また、様々な職種の方と交流を持つことで社会人としての教養を深めるだけでなく、経営スキルも鍛えることができます。

自分の人生と向き合える

大学院やビジネススクールで切磋琢磨する意識の高いビジネスパーソンと議論していく中で、自分の人生と真剣に向き合うことができます。

働き方に対する考え方価値観が変化していく世界の中で、自分のキャリアについて考える時間は非常に有意義です。

働き方は年々変化して多様性が増していることから、様々な職種の方と接触して関係を築くことは大きな財産となること間違いなしです。

取得者の市場価値が向上

MBAを取得することで経営のプロとしてアピールでき、社会人としての市場価値を高めることができます。

市場価値が上がることで給料アップや転職によるキャリアアップやより高待遇の仕事案件に携わることも可能です。

つまり、MBAが市場価値向上に与える影響は非常に大きいため、自分の現状を変えたい方はぜひ一度取得を目指すことをおすすめします。

海外取得の場合は英語力が鍛えられる

MBAは国内だけでなく海外においても取得できるため、併せて語学力を鍛えることもできます。

海外の大学院やビジネススクールでは、ディスカッションやコミュニケーションを英語で行うため、自然と英語力も鍛えられるのです。

ただし、近年ではグローバル化の影響から、国内でも英語で授業を行うビジネススクールも増えつつあります。

そのため、経営スキルだけでなく英語力も併せて身に着けたい方は、このようなビジネススクールの利用がおすすめです。

【社会人向け】MBAスクールの正しい選び方は?

こちらのトピックで、社会人がMBAスクールを選ぶ際に押えておきたい観点を紹介していきます。

自分のニーズと照らし合わせつつ、ベストなスクールを選びましょう。

各大学院で費用を比較

国内MBAの場合国立は年間で約60万円程度ですが、私立では100万円以下の講座もあれば慶應のE-MBAのように350万円以上する講座も存在します。

また、海外MBAで学ぶ場合は授業料に加えて現地での生活費もあるので、約1000万円以上の出費を覚悟しなければなりません。

ただし、留学の場合は所属する企業が負担してくれるケースや奨学金が利用できるケースがあるので、諸条件を踏まえた上で海外も視野に入れると良いでしょう。

受講可能な時間帯をチェック

MBAを取得するための大学院には、主に2つのパターンがあります。

1つ目のパターンは昼間に授業を行うフルタイム制の大学院で、2つ目のパターンは夜間や週末に開講する大学院です。

日中に働く社会人のケースを考えると、前者は休職する必要性が出てきますが、後者は働きながら取得を目指すことができます。

このように、授業が行われる時間帯を確認し、自分の生活スタイルに合っていて勉強しやすい講座を選びましょう。

副科目の充実度

ビジネススクールには主要科目以外にも様々な副科目があるため、それらの充実具合も主要科目と併せてチェックするようにしましょう。

例えば、経営の場面ではプレゼンスキルやコーチング能力が求められる場面が多くあるため、これらのスキルを高められる授業はより充実した学びとなります。

このように、副科目次第で身に着けたいスキルを習得できる機会も増えるため、副科目が充実しているかどうかも必ずチェックしましょう。

どのような講師が在籍しているか確認

学ぶ側の意識も重要ですが、教える側のクオリティも重要なので、大学院に在籍している講師の実績についても確認すると良いでしょう。

具体的には、講師の実務経験の有無や指導実績があるか否か、非常勤講師かどうかなどは大学院によって差があるので、この点について確認しましょう。

実務経験や指導実績が豊富な講師の方が分かりやすく実践的な講義を行ってくれるため、事前のチェックがおすすめです。

各スクールの教育方針の違い

各スクールにはそれぞれの教育方針があるため、自分の価値観やニーズに合致しているかどうかもチェックしましょう。

例えば、慶應大学大学院は企業の様々なケースについてディスカッションをすることを重視していますが、一橋大学大学院の場合は理論面を理解することに重きを置いています。

このように、教育方針は大学院によって大きく違うため、自身が勉強したい分野や高めたいスキルに応じてスクールを決めると良いでしょう。

修士論文の有無もチェック

国内MBAの中には修士論文が課されるものもあるため、修士論文の有無も確認しましょう。

なお、修士論文を書く過程で様々なデータを解析するスキルを習得できるため、これらのスキルも身に着けたい方は修士論文が課される大学院がおすすめです。

さらに、修士論文に取り組むことで自分が興味ある分野を専門的に研究できることから、修士論文が課される講座を選ぶことを推奨します。

修了生の活躍も大切な観点

ビジネススクールや大学院の卒業生が、今現在の社会でどのような活躍をしているのかも調べておくと、講座の質を知るのに役立ちます。

具体的な目標が定まっており、例えば「コンサルタントに転身したい」「独立したい」と考えている場合は、その目的を達成している修了生がいるかどうかもチェックしましょう。

実際に自分のやりたいことを実現できている修了生がいれば、高いモチベーションを持って勉強に励むことができるでしょう。

国内のおすすめMBAビジネススクール・大学院

こちらのトピックで、国内のおすすめビジネススクールと大学院を紹介していきます。

フルタイムの大学院

まずは、フルタイム制の大学院について紹介していきます。

なお、フルタイム制大学院に進学するためには休職や退職をする必要がある点には注意が必要です。

慶應MBA

慶應の大学院では、ケースメソッドを軸とした実践的な講義が特徴です。

ケースメソッドを重点的に学ぶことで、経営者としての実践的な意思決定能力を鍛えることができます。

また、経営者としての総合的なスキルの習得を目指したカリキュラムが組まれていることから、トータルで見てもバランスの良い学びができるでしょう。

早稲田大学MBA 全日制グローバル

早稲田大学では、平日の昼間の時間帯に2年間通学してMBAを取得する標準的なプログラムを組んでいます。

2年間に渡って幅広い経営スキルや語学を学びつつ、グローバルマインドを持つリーダーを育成することを目的としています。

入学後に配属されるゼミも「英語ゼミ」「英語生・日本語生合同型」「英語ゼミ・日本語ゼミ交流型」などがあり、コミュニケーション能力やマネジメント能力を鍛えることができるでしょう。

関西学院大学専門職大学院 経営戦略研究科 経営戦略専攻(ビジネススクール)

関西学院大学の大学院では、経営・マーケティング・ファイナンス・MOT・起業・ベンチャーなどについて、幅広く学ぶことができます。

国際標準のMBA教育を展開しつつ、科学的視点も交えながら経営戦略を考え実践できる人材を養成することを目的としており、非常に質の高い学びを得ることができるでしょう。

また、高い倫理観を持つ経営のプロを養成するカリキュラムとなっているため、自分の価値を高めることができるのは間違いありません。

一橋大学大学院 経営管理研究科 経営分析プログラム

一橋大学大学院では平日の昼間に授業を行い、2年間の受講を通してMBAの取得を目指します。

経営・会計・ファイナンス・マーケティングを中心とする領域に関する理論や枠組みを体系的に学ぶことで、広い視野を持って経営に携わることができるでしょう。

さらにフレームワークなどに基づく高度な分析能力と深い洞察力を習得することができ、実際に多くの修了生が社会で活躍しています。

青山学院大学ビジネススクール(国際マネジメント研究科)

青山学院大学では、ストラテジー・マーケティング・ファイナンス・オペレーションズ・ビジネス倫理などのスキルと知識を学ぶことができます。

また、講義に加えて討論やケースメソッドなどを用いて企業経営の実態を知ることができ、さらに知識を深めるために企業経営者や各分野の専門家を講師に招いています。

実務に近いトレーニングも行えるため、受講を検討する価値があるビジネススクールと言えるでしょう。

週末・夜間に通学できるスクール

続いて、平日に仕事をしながら土日や夜間で大学院に通いたい方におすすめのスクールを紹介していきます。

慶應義塾大学EMBA

慶應義塾大学では土曜日のみ開講を行っている大学院もあり、ケースメソッドを採用して徹底的な討論を行うことで、経営に関する実践的な知識を磨いていきます。

また、国際的な感覚や視点を養うこともでき、今後ますます進んでいくであろうグローバル化にも対応しています。

世界を視野に入れながら社会で活躍できるリーダーを育成しているため、非常におすすめです。

早稲田大学MBA夜間主総合

早稲田大学MBA夜間主総合では、平日夜間と土曜日の講義を受けながら勉強する2年制のプログラムです。

一年目は集中的にジェネラルマネジメントを修得し、二年目はプロジェクト研究論文の作成を通して受講生の得意な領域を確立するカリキュラムとなっています。

さらに、授業を通じて目標を共有する仲間との人脈を得ることができるメリットがあります。

一橋大学大学院 経営管理研究科 経営管理プログラム

一橋大学大学院では講義を平日夜間と土曜に行っているため、仕事とMBAの勉強を両立することができます。

なお、講義は少人数で行うことで密度の高い学びができ、また修了後も仲間との深い交流を持つことができます。

また、修了後はコンサルティング会社や金融機関などでマネジメントの中核を担うことができる貴重な人材としての活躍が期待されています。

神戸大学MBA

神戸大学では土曜日に集中講義を行っており、最短だと一年半で講座を修了することができます。

経営学の専門的で複雑な理論を体系的に習得できるカリキュラムを組んでおり、幅広い経営スキルを習得することができます。

また、独自の「プロジェクト研究方式」を通じて産業界において中核を担える人材を育成しているため、総合的な経営能力を養うことも可能です。

筑波大学大学院 ビジネス科学研究科

筑波大学大学院ではMBA講義を夜間に開講しており、実践的で高度なビジネス教育を専門的に行っています。

院生1人に対して3名の指導教員がサポートしてくれるため、質の高い指導を通して効率的に各受講生の学習と研究を進めることが可能です。

さらに、修了生の中には起業家や大学教員を多く輩出しているため、修了後のキャリアに関しても安心できるでしょう。

MBAのビジネススクール

大学院だけでなく、ビジネススクールでもMBAを取得することができます。

CICOM - ISL

CICOM - ISLではグローバル組織で活躍する人材を育成することに重きを置いており、MITスローン経営大学とも提携しているため、安心して受講することができます。

社会人なら一度はしっかりと学んでおくべき会計などの知識を楽しく学べるため、評判も高いです。

ビジネス・ブレークスルー大学

ビジネス・ブレークスルー大学の経営学部では「経営基礎力」「IT基礎力」「問題解決力」「リーダーシップ」「英語」の5つのスキルを学ぶことに重点を置いています。

経営に携わる場面ではどれも欠かせないスキルなので、グローバルに活躍する経営者になる上で有意義な内容を学べるでしょう。

事業構想大学院大学

事業構想大学院大学では、自ら事業の構想を行って2年間でまとめ上げるカリキュラムを導入しています。

つまり、自然と実践的なスキルや発想力を培うことができ、アイデアを創出するクリエイティブな研究環境を実現しているのです。

1学年30人に対して実務家と研究者などの優れた教員が指導を行うため、事業のノウハウを習得することができるでしょう。

オンラインスクール

オンラインでもMBAを取得できるスクールが存在するので、それらのスクールについても見てみましょう。

SBI大学院大学

SBI大学院大オンラインのスクールでは1回につき2時間の授業を行っており、授業の内訳は90分の講義を視聴した後に30分の課題が課される流れとなっています。

全ての講義を視聴して、毎回の課題と期末課題を提出することで単位を獲得できるため、着実にMBAの取得を目指すことが可能です。

また、ディスカッションや対面授業も適宜行うため、オンラインだけでは習得できない実践的なスキルも高めることができるのです。

グロービス経営大学院

グロービス経営大学院では、従来の「ヒト・モノ・カネ」 というMBAの領域だけでなく、テクノロジーとイノベーションを組み合わせた「テクノベート」についても学びます。

さらに、重要な意思決定の場面で求められる「志」についても養うことができる点がグロービスの特徴です。

また、企業事例だけでなくビジネスに役立つ法則や留意点などをディスカッションを通じて習得するため、実践的なスキルが鍛えられます。

ビジネスブレークスルー大学大学院

ビジネスブレークスルー大学大学院のオンラインスクール版では、オンデマンド型の講義映像の受講やテキストディスカッション、個の力を高める修了課題などを通して経営の理解を深めていきます。

「もし自分が社長だったらどうするか?」という課題に繰り返し触れることで、問題解決能力を鍛えることも可能です。

マサチューセッツ州立大学MBA

マサチューセッツ大学のMBAプログラムでは、最短2年でMBAを取得することができます。

また、入学後に上級課程のMBA英語の勉強を通して英語力を鍛えることが可能です。

各MBA科目について、英語と日本語の両方から学ぶことでビジネスや経営におけるプロフェッショナルとして活躍できる能力が習得できるため、グローバルに活躍する人材が育成されます。

海外のMBAスクール

続いて、海外のMBAスクールを紹介していきます。

海外のMBAスクールの中には国内で取得できるものもあるため、ぜひチェックしてみてください。

英国国立ウェールズ大学経営大学院MBA(日本語)プログラム

英国国立ウェールズ大学の講義は理論と実務のバランスが良く、多様性を重視している点が特徴です。

また、土曜日のみの講義なので、社会人の方でも働きながら週末だけ勉強してMBAの取得を狙うことが可能です。

テンプル大学ジャパン エグゼクティブMBAプログラム

テンプル大学は国内で受講できる講座でありながら、アメリカで取得するMBAと同じレベルの学位を取得できます

ビジネス経験と学術的な理論をミックスさせた授業を行っている点が特徴的で、実践的な高いスキルを習得できるでしょう。

Bond-BBT MBAプログラム(ボンド大学)

ボンド大学のMBAプログラムは、社会人でも学びやすいように、受講方法や受講ペースを柔軟にカスタマイズできる点が特徴です。

自分のニーズに合わせて学ぶべき内容を決めることができるため、効率良く経営のノウハウを習得できます。

また、 経営コンサルタントである大前研一氏の哲学を取り入れた講義を行っているため、実践的な知識も吸収できるでしょう。

マギル大学ジャパン マギルMBAプログラム

マギル大学のMBAプログラムでは、日本にいながらカナダでのビジネストレーニングを行うことができます

1年次に土台作りのための基本的なビジネススキルを習得し、2年次にはハイレベルなマネジメントノウハウを習得するカリキュラムとなっています。

授業やディスカッションは全て英語で行われるため、自然と実践的な英語のコミュニケーション力を向上させることも可能です。

MBAスクールの受験難易度・勉強時間

こちらのトピックでは、国内のMBAスクールと大学院の比較について見てみましょう。

受験の難易度や勉強時間を比べて、自分に合うスクールを選んでください。

日本の代表的な大学院の難易度を比較

大学院の難易度については、年度内の試験回数を確認することで把握できます。

例えば、年に1度しか試験を実施していない大学院は難易度が高く、年に2度の試験を行う大学院はやや難易度が落ちると言えます。

さらに、年に3回以上の試験を行う大学院はそれほど人気が無く生徒集めに苦労していることが推測できるため、より難易度が落ちると考えられるのです。

そして、入試回数と難易度などを表にまとめると、以下のようになります。

1年の入試回数 難易度 大学院例
1回 京都・神戸・筑波・一橋・横浜国立
2回 慶應・都立大・同志社・明治・立教・早稲田
3回以上 青山・関西・中央・法政・立命館

大学院の難易度については、上記の表を参考にして測るようにしてください。

勉強を始める時期について

大学院を受験する際は、入試が行われる6か月前から勉強に着手するのがおすすめです。

例えば、9~12月に試験を行っている大学院を受験する場合、経営学や小論文の知識を持たない方であれば3~5月くらいから勉強を始めるのが良いでしょう。

ただし、経営学の勉強経験があり小論文の学習経験もある場合は、研究計画書の用意だけで済むので2か月前くらいからの準備で間に合うでしょう。

試験合格に必要な勉強時間

MBA取得を目指す大学院では、小論文・研究計画書などの出願書類・面接の3つを試験科目としていることが多いです。

海外だけではなく国内でも英語力が求められることがあるため、英語の勉強も欠かせません。

研究計画書の場合

研究計画書に関しては、アカデミック的な側面が強い大学院と弱い大学院に分かれるため、しっかりと傾向を掴んでおくことが大切です。

前者にあたる大学院としては都立大・神戸・筑波・横浜国立が挙げられ、出願の3~4か月前から週6時間のペースで勉強に着手すると良いでしょう。

後者にあたる大学院としては慶應・早稲田・京都・一橋が挙げられ、これらの場合は出願の2か月前から週2時間のペースで準備すれば間に合うでしょう。

面接に関しては研究計画書についての質問が大半となるため、研究計画書の内容をしっかりと理解しておけば問題ありません。

小論文の場合

小論文は経営学の知識を踏まえつつ論述する必要があるため、まずは経営戦略やマーケティングなどの基礎知識を覚える必要があります。

また、知識を付けるだけでなく読み手が分かりやすく感じる「論述力」も鍛えなければなりません。

とはいえ、慣れればスムーズに書くことができるようになるため、半年間の期間を見ておけば十分な対策ができるでしょう。

英語の場合

英語については、英語の試験が行われる全日制の一橋大学と神戸大学やToeicのスコアを提出しなければならない京都大学を受験する場合は英語対策が必須です。

なお、一橋大学や神戸大学ではToeic700点レベルの英語力が求められており、神戸大学の場合はToeic730以上のスコア取得者は英語の試験が免除される優遇措置があります。

京都大学でもToeic700点以上あれば対策は十分なので、半年間に渡って1日1時間の勉強を毎日続けることを習慣化し、Toeic700点以上の英語力を目指すと良いでしょう。

確実に合格したいなら通信講座もおすすめ

MBAの入試対策は長期化することから、独学で頑張ったとしても早い段階で限界を迎えてしまうでしょう。

そのため、費用が掛かってしまうデメリットはありますが、確実にMBAの取得を目指したいと考えている方は通信講座の利用がおすすめです。

小論文の客観的な評価が得られたり事前に面接対策ができるなどのメリットもあるため、非常に心強い存在と言えるでしょう。

特に難関資格対策の通信講座で有名なアガルートでは、大学院の対策や研究計画の徹底指導、面接の事前シュミレーションをしてくれるため、着実に確実に合格を目指すことができます。

各大学院に合わせた指導を行っていることから幅広い受験者に対応できる強みも持っており、**合格実績も優れていることから安心して受講できるでしょう。

アガルートの公式サイトはこちら

社会人のMBAまとめ

社会人のMBAまとめ

  • 忙しい社会人でも十分に取得を狙える
  • 英語力も鍛えることで、グローバルに活躍できる
  • 中小企業診断士も併せて取得すると、より視野が広がる

MBAの取得は容易ではありませんが、社会人やビジネスパーソンが取得するメリットは計り知れません。

経営のプロになることで自分の価値を大きく高めることができるため、興味がある方は取得を目指すべきです。

こちらの記事を自分にとってベストな学校選びに役立てて下さい!

  1. MBA
  2. 社会人はMBAを目指すべき?取得メリットから日本国内のおすすめ大学院まで解説!