公務員と結婚するメリットは?結婚相手として人気な理由や妻に求められる能力も紹介!

更新日時 2020/09/07

「公務員と結婚するメリットって?」

「どうして人気なの?公務員の妻に求められる能力は?」

などと疑問をお持ちの方もいるでしょう。

公務員は結婚相手として女性から絶大な人気を誇る職業です。

収入が安定していることや福利厚生が充実していること、社会的地位が高く親に紹介しやすいことなど、「旦那さん」にするにはふさわしい条件が揃っています。

今回は公務員と結婚するメリットについて、結婚相手として人気の理由や公務員の妻に求められる能力などと共に解説します。

これを読んで、婚活をする上での参考にしてください。

公務員と結婚するメリットについてざっくり説明すると

  • 普通の会社員より収入が高く、安定もしている
  • 福利厚生が充実している
  • 社会的地位が高いのでローンが組みやすく、親にも紹介しやすい

公務員は結婚相手として人気が高い

親指を立てる少年

大手就職メディア「マイナビウーマン」が2017年に実施した調査によると、女性が結婚したいと思う職種トップ5は以下の通りです。

  • 第1位:公務員 20.4%
  • 第2位:会社員・サラリーマン 10.9%
  • 第3位:医師 8.5%
  • 第4位:弁護士 3.0%
  • 第5位:営業職、警察官 2.0%

上記より、公務員は結婚相手として非常に人気であることが分かります。実際、結婚相談所等でも条件として「公務員」を求める女性は多いそうです。

また結婚相談客の親も「相手は公務員が言い」と希望する方が大勢います。

このように公務員は親からの評価も高いことから、親への紹介のしやすさという観点から公務員を希望する女性も多いです。

ちなみに男性が結婚相手の女性に求める職業の調査では、公務員は第3位であり、割合は4.2%に過ぎません。

よって、結婚相手としての公務員は男性からも一定の人気はありますが、より公務員という職種を評価しているのは女性の方だと言えます。

公務員と結婚するメリットは?

PCを見る女性

結婚相手に公務員を希望する女性が多いのは何故でしょうか。以下では公務員と結婚するメリットを紹介します。

公務員の収入や高い安定性

「平成30年度国家公務員給与等実態調査」によると、公務員の平均年収は地方公務員の場合で約600万円、国家公務員の場合で約640万円です。

一般的なサラリーマンの平均年収は約440万円と言われているので、公務員の年収はかなり高いと言えるでしょう。

また公務員には法律による身分保障があるため、余程のことをやらかさない限りは減俸されたり、解雇されたりすることはありません。さらに基本的に収入は年功序列制で順調に上がっていきます。

つまり、公務員は平均よりも高い収入が安定して得られる職種だということです。

公務員の充実した福利厚生

福利厚生が充実しているということも公務員の魅力の一つです。公務員は一般的な会社員よりも多くの有給休暇をもらえます。

例えば民間企業だと1年目の有給休暇は10日であることが一般的ですが、公務員は1年目から20日です。

加えて医師の診断書があれば、病気の際も有給扱い(90日間まで)になりますし、その他にも夏休みや介護休暇などが与えられます。

また各種手当も豊富で、退職金も一般的な民間企業よりは多いので、やはり収入面は安定していると言えるでしょう。

さらに育休も取得しやすいので、子育ての際も安心です。このことも女性人気が高い一因だと考えられます。

公務員は社会的ステータスが高い

行政機関で国民のための仕事をする公務員は、比較的社会的地位が高く、「地に足がついた」職業だと言えるでしょう。

社会的な信頼度が高いことは、例えばローンを組む際などに役立ちます。公務員ならたとえ新入社員であっても、ローンの審査に通らないことはないでしょう。公務員というだけでローンの金利も低くなります。

また本人に余程の問題がない限り、公務員なら賃貸なども問題なく借りられるはずです。

よって家を建てるにしろ、借りるにしろ、結婚した時に住む場所に困ることはないでしょう。

さらに社会的信頼度が高いため、親などの周囲に結婚を認めてもらいやすいというメリットもあります。

公務員には真面目な人が多い

公務員の男性は真面目であるというイメージを持つ女性は多いです。確かに真面目ならお酒やギャンブルに溺れたり、不倫をするなどの心配がないため、結婚相手としては望ましいと言えます。

しかし、全ての公務員が真面目であるとは限りません。

しかし、性格的に真面目かどうかは別として、公務員の立場上いい加減なことはできないという意識は私生活にも及ぶはずです。また公務員になる人は、公務員の給与や待遇に魅力を感じた安定志向の人が多いでしょう。

よって「公務員=真面目」というイメージはおそらく間違いではありません。

公務員は旦那として紹介しやすい

先述した通り、公務員は社会的地位の高い職業です。そのため、女性からすると親に紹介しやすいというメリットがあります。

特に女性の婚活には、両親が非常に気にかけているというケースが多いため、親からの信頼というのはかなり重要です。

いくら本人同士が良いと思っていても、両親に反対されて結婚がうまくいかないというケースもあるでしょう。

しかし、公務員に悪いイメージを持っている人は少ないはずなので、問題なく結婚を認めてもらえる可能性が高いです。そのため、女性にとっては結婚するハードルが下がると言えます。

公務員との結婚にはデメリットも

指を立てる女性

上記で解説した通り、公務員との結婚はメリットの多い選択ですが、デメリットもいくつか存在します。

部署によって多忙で残業もある

公務員は「いつでも定時で帰れる楽な職業」というイメージを持たれる方もいるでしょうが、実際はそんなことはありません。

職種や部署によっては仕事量が多く、残業しなければならないことも珍しくないというケースもあります。

特に国家公務員や公立学校の教諭などは非常に多忙な職種です。学校の先生が忙しいという話は有名ですが、休日にも部活動の顧問として駆り出され、休みが全然ないという人もたくさんいます。

そうした厳しい環境で働く公務員もいるため、「公務員=楽な仕事」という図式は成り立ちません。

確かに給与は安定し、福利厚生は充実していますが、その分しっかり働かされる職業と言えるでしょう。

国家公務員は転勤も多い

公務員は転勤や異動が多い職業です。地方公務員の場合は、転勤・異動と言っても同じ都道府県内や市町村内でおさまる場合が多いですが、国家公務員だとそうはいきません。

数年に一回のペースで、都道府県間の引越しをしなければならないこともあるため、それに付き合う家族は大変です。

単身赴任なら引越しの苦労はありませんが、女性にとっては家事や子育ての負担が増加したり、子供にとってはお父さんとの思い出が作れないなどのデメリットがあります。

一方で家族全員で引っ越すなら、女性はそれまでの仕事をやめなければならない可能性が高いですし、子供は転校しなければなりません

このように転勤や異動が、家族にとっては大きなストレスになる場合もあるでしょう。

ストレスがたまる仕事も

先述した通り、公務員は決して楽な職業ではありません。国家公務員の業務を中心にストレスが溜まるような仕事も多いので、仕事でのイライラが家庭に持ち込まれ、喧嘩になってしまうケースも多々あります

また仕事中だけでなく、私生活でも公務員としての良識ある行動が求められるので、それが重荷になってしまうこともあるでしょう。

役所で対応した人とプライベートで遭遇する可能性もあるため、どうして普段から人目を気にしなければなりません。

加えて女性も「公務員の妻」として見られるようになるため、ストレスを感じる場面もあるはずです。

地方公務員と国家公務員どっちと結婚する?

リポートする男性

公務員は「国家公務員」と「地方公務員」に分類することができます。両者では仕事内容や給料、役割が異なります。

その違いは結婚生活にも影響してくるので、両者の特徴をそれぞれ知っておくことは重要です。

地方公務員と国家公務員の仕事内容

地方公務員は市区町村民と関わるのに対し、国家公務員は国民全体に対して仕事をします。

具体な職種としては、地方公務員なら市区町村役場での事務や保育士、警察官、消防士などのが挙げられます。

一方で省庁や裁判所、国税庁などで働く国家公務員は、地方公務員よりもスケールの大きな業務に携わるのが特徴です。

なお、外交官や検察官、裁判官などのエリート職種も国家公務員になります。よって同じ公務員でも地方公務員と国家公務員では、立場が大きく違うと言えるでしょう。

地方公務員は仕事と家庭を両立できる

一般的に地方公務員の仕事は国家公務員のそれよりも激務ではありません。残業や休日出勤なども比較的少ないと言えるでしょう。

しっかりと休めるため、仕事とプラベートもバランスが取りやすいというのが魅力です。結婚した場合、仕事をしながら家事や子育てにも取り組めるでしょう。

また先述した通り、地方公務員なら転勤や移動があったとしても同じ地域の中でのことなので、引越しの必要はありません。

よって地元などの特定の地域に定住して、家族との時間を大切にしたいという場合は、地方公務員との結婚がおすすめです。

国家公務員は給料が高いがハード

地方公務員よりも国家公務員の方がハードな業務に携わることが多く、先述した通り、大規模な引越しを伴うこともあります。

よって国家公務員の方が地方公務員よりも大変であると言えますが、給料が高いのは国家公務員です。また国の運営に関わる責任重大な仕事を任されるため、社会的地位も国家公務員の方が高いと言えるでしょう。

そのため、引越しが気にならないのであれば、収入や社会的地位の高さを重視して、国家公務員と結婚するというのもおすすめです。

男性公務員は出会いがなく結婚できない?

顔を隠す人

結婚相手としては女性から高い人気を誇る公務員ですが、意外にも男性公務員の未婚率は高いです。

以下では男性公務員の未婚率が高い原因について解説します。

公務員には出会いの場が少ない

職種によっては職場に女性がいないということもあります。例えば、特別職の国会議員や一般職の警察官、海上保安官などは圧倒的に女性が少ない職種です。

また職場に女性が少なくても、業務を通して外部の女性と関われることはありますが、技術職など専門分野に特化した職種の場合は職場以外の女性と関われる機会は少ないでしょう。

よって「出会いの場がない」という理由から、結婚できない男性公務員は多いです。

しかし、職種によっては女性が多いことも珍しくありません。例えば、役場勤めの地方公務員なら職場結婚ということもあり得るでしょう。

真面目すぎる印象を持たれやすい

国家や地域を良くしたり、人々が過ごしやすい環境を作るための仕事に従事する公務員は、先述した通り、真面目という印象を持たれやすい職業です。

真面目な性格は結婚相手の女性やその両親から評価されることも多いですが、「面白くない」「固い」という理由から敬遠されることもあります

しかし、「公務員=真面目」というのはあくまで世間的なイメージであって、実際の性格は人によって様々です。もちろん真面目すぎる堅物もいるでしょうが、気さくで面白い男性もいるでしょう

よって公務員に限定して選んだとしても、ご自身に合った性格の男性が必ず見つかるはずです。

仕事が忙しく恋愛が続きにくい

公務員は世間的なイメージよりも忙しい職業だと言えます。もちろん職種によっては比較的楽なこともありますが、恋愛している暇がないほど多忙な男性公務員も多いです。

また日々のスケジュールは画一的なので、相手によっては全く予定が合わないという場合もあります。休みが被らなければデートすることも難しいので、その相手とは恋愛を継続しにくいでしょう。

例えば、土日祝が休みになる地方公務員と土日祝が書き入れ時であるサービス業の従業員は、休みを合わせることが難しいはずです。

ただし、警察官や消防官、公立の病院に勤務する公務員であれば、土日や祝日にも働くため、サービス業に従事する女性ともデートしやすいでしょう。

公務員が結婚すべきタイミング

公務員は人気の職種ですが、結婚するタイミングによっては充実した結婚生活が送れない可能性もあります。よって結婚適齢期を意識しつつ、婚活を進めるのが良いでしょう。

30歳での結婚がベストタイミング

将来的に子供を作ることを考えるなら、公務員の結婚適齢期は29〜35歳くらいだと言えるでしょう。

またこの期間に当てはまっていても、仕事が忙しい時期や異動のタイミングなどでの結婚は避けた方が無難です。新婚生活を楽しめる余裕がある状態の時に結婚するのが良いでしょう。

なお、30歳前後での結婚というはあくまで一般的な例であり、それ以外の時期に結婚して幸せな家庭を築く公務員もたくさんいます。

30歳以上では婚期を逃す場合も

結婚願望はあるが30歳を過ぎても全く出会いがないという場合は、自分からより積極的に行動しない限り、そのままずるずる歳を重ねてしまう可能性があります。

なお、結婚はその後の人生を大きく左右する重大な決断なので、慎重に検討することも大切です。よって結婚したいなら、婚活はできるだけ早くから始めるのが良いでしょう。

男性公務員が妻の女性に求めるもの

腕を組む少年

未婚の男性公務員は多いものの、公務員が人気な職種であることは確かなので、女性は男性公務員の好みを把握しておくことが大切です。

以下では男性公務員が女性に求めるものについて解説します。

堅実で真面目な性格の女性

公務員として働く男性は、真面目で堅実な性格であることが多く、結婚相手にも同じような性格の女性を求める傾向があります。

また「親に紹介しやすい相手の方が良い」というのは男性にとっても同じなので、堅実で真面目な女性は結婚相手としてはポイントが高いと言えるでしょう。

しかし、男性公務員の中にも比較的大雑把な人もいるため、そこまで生真面目でなくても結婚できる可能性はあります。

さらに真逆の性格の方が結婚相手としては良いと言われることもあるため、堅実で真面目な男性には、比較的いい加減な女性の方が相性が良いということもあるでしょう。

転勤でもついてきてくれる女性

国家公務員には転勤があるので、「転勤になったらついてきてくれるだろうか」と心配する男性もいます。

そのため、転勤になったらついていくと明言しておけば、男性からの評価を得ることができるでしょう。

また国家公務員と結婚すれば、転勤の度に新しい土地・地域で生活を始めなければならないので、神経質な性格の人はストレスが溜まることも多いはずです。

よって新しい土地・地域にすんなり馴染めるという気質の人は、国家公務員との結婚に適性があると言えるでしょう。

一方で住む土地・地域がコロコロ変わるのは嫌だという場合は、地方公務員との結婚を選ぶのがおすすめです。

旦那に頼らず共働きしてくれる女性

一般のサラリーマンよりは稼ぎが良いとは言え、子供が養育費などが嵩めば公務員の収入だけでは足りなくなる可能性もあります。その場合は、女性もパートなどで収入を得なければなりません。

またかつては高額であった公務員の退職金ですが、今では民間企業と同程度の水準まで下がってしまいました。そのため、公務員と言えども老後は安泰ではありません。

よって定年後の貯蓄を考えれば、夫婦共働きの方が望ましいと言えます。

実際、男性公務員も仕事のある女性を好む傾向があります。そのため、専業主婦になりたいと考える女性は、公務員の妻には向いていないと言えるでしょう。

公務員の妻として行動できる女性

公務員は立場上、仕事以外のプライベートな場面でも良識ある行動を取ることが求められます。それは公務員の妻も同じです。

常に周りから見られていることを意識して、私生活から夫婦揃って行動を律していかないといけないので、その意味でも堅実で真面目な性格の方が公務員の妻としては向いているでしょう。

一方でプライベートでも気を張っていないといけないことを「堅苦しい」と感じる人は、公務員と結婚するべきではありません。

しかし、公務員の妻だからといって、日常生活が大きく制限されるということは基本的にはないため、そこまで深刻に考える必要はないでしょう。

公務員の婚活には結婚相談所がおすすめ

伸びをする女性

理想の公務員男性と結婚したいなら、結婚相談所を利用すると良いでしょう。以下では結婚相談所の魅力について解説します。

結婚相談所で的確なアドバイスをもらえる

結婚相談所では、恋愛に精通したアドバイザーが色々と相談に乗ってくれ、適宜良いアドバイスをしてくれるので恋愛が苦手な方でも安心です。

また多くの結婚相談所では恋愛講習が開講されており、それに参加してスタイリングやマナーなどを学ぶことができます。

よって公務員の妻になる自信がないという人でも、恋愛講習で自分磨きをすれば、男性公務員から好かれるような女性になることができるでしょう。

恋愛では第一印象が大事と言われるので、恋愛講習に参加することは非常に有意義です。

結婚相談所には真面目な人が多い

結婚相談所を利用するにはかなりのお金がかかります。相談所によっては成婚までに50万円程度必要になることもあるでしょう。

お金がかかることはデメリットのように思われますが、婚活においてはむしろメリットだと言えます。

それだけのお金が払えるということは、男性に十分な経済力があり、結婚に対して真面目に考えている証拠だからです。

実際、無料のマッチングアプリなどでは冷やかしや遊び半分の利用者も多いですが、結婚相談所にはそのような利用者はほとんどいません。

結婚相談所の厳しいプライバシー管理

婚活をしているということを周囲に知られたくないという方には、結婚相談所の利用がおすすめです。

結婚相談所では厳格なプライバシー管理が行われているので、婚活していることが職場や地域の人にバレることはないでしょう。

またプライバシー管理を重視して結婚相談所を利用する男性公務員も多いです。公務員という立場上、堂々と婚活パーティに参加したり、マッチングアプリを利用することは憚られるのでしょう。

よって結婚相談所を利用すれば、堅実な男性公務員と出会える可能性も十分にあると言えます。

結婚相談所で公務員を狙う人は多い

実際、公務員狙いで結婚相談所を利用する女性は大勢います。公務員は人気が高い職種の中でも人数が多いので、医師や弁護士などの希少なエリートよりも現実的な狙い目だと考える女性が多いようです。

当然、公務員が人気の職種であることは男性公務員も知っているので、男性側も自らの職種を武器に結婚相談所で成婚を狙っています

そのため、結婚相談所は需要と供給のバランスが取れている場所だと言えるでしょう。

よって公務員狙いで結婚相談所を利用し、希望通り公務員と結婚できる可能性は大いにあります。

その他のおすすめ婚活サービス

合コンや街コンなどは、職場以外でも出会いを求める男女には定番のイベントです。また最近ではマッチングアプリで知り合い、そのまま結婚に至るケースも珍しくありません。

そのため、そうした機会を利用して理想を公務員男性を探すという方法もあります。

しかし、合コン・街コンやマッチングアプリでは、婚活していることを大多数にアピールすることになるため、立場上利用を憚る公務員も多いでしょう。

よって初めから公務員狙いなら、結婚相談所の方が出会える可能性は高いと言えます。

公務員以外におすすめな結婚相手

PCを見る女性

必ずしも公務員の中に理想の男性がいるとは限らないので、絶対に結婚したいというのであれば、公務員以外の職種も選択肢に入れておくのが良いでしょう。

例えば、公務員以外なら以下の職種がおすすめです。

  • 医師を含む病院の職員
  • 薬剤師
  • 団体職員
  • 大企業の職員

これらの職種は公務員と同じく、給料が安定していて、福利厚生も充実しているため、一般の会社員よりも結婚相手としては望ましいと言えます。

また上記の中には公務員よりも高収入な職種もあるため、専業主婦になりたいという女性はそうした職種を狙うのが良いでしょう。

ちなみに団体職員とは、NPO法人や公益財団、社会福祉法人などで働く者のことを指します。

公務員と結婚するメリットまとめ

公務員と結婚するメリットまとめ

  • 地方公務員は家庭を大切にできる
  • 国家公務員は転勤はあるが、その分給料と社会的地位が高い
  • 公務員狙いなら結婚相談所の利用がおすすめ

公務員と結婚するメリットについて解説しました。

公務員は収入が安定しており、福利厚生が充実しています。特に地方公務員なら仕事と家庭のバランスが取りやすいため、豊かな結婚生活を送れるでしょう。

一方で国家公務員は忙しく、数年に一回転勤もありますが、その分給料は高いです。

また総じて公務員は社会的地位が高いので、親に紹介しやすいという点もメリットと言えるでしょう。

なお、公務員との出会いを望むなら、プライバシー管理がしっかりしている結婚相談所を利用するのがおすすめです。

以上を参考に、理想的な公務員の旦那さんを見つけてください。