危険物取扱者乙4の過去問は入手可能?解説PDFや試験問題についても解説!

更新日時 2020/06/04

「危険物取扱者乙4の過去問を解いてみたい!」

「過去問と解説をチェックできるサイトはないの?」

このようなことでお困りの方は多いのではないでしょうか。

危険物取扱者乙4の試験を受ける前には、ぜひ過去問を解いておきたいものです。しかしどのサイトを見れば過去問がチェックできるのか、意外とわからないですよね。

そこでこの記事では「危険物取扱者乙4」の過去問と解説の閲覧方法はもちろんのこと、危険物取扱者乙4の難易度や試験内容、対策のしかたなど気になる点を詳しく解説します

読み終わった時には、すぐ危険物取扱者乙4の試験対策ができるようになっています。ぜひ最後まで読んで参考にしてください!

危険物取扱者乙4の過去問と解説についてざっくり説明すると

  • 危険物取扱者乙4の過去問と解説は、web上で無料で閲覧可能
  • 危険物取扱者試験はマークシート形式で行われる
  • 危険物取扱者乙4の合格率は30%とやや低いため、対策はしっかり行おう
  • 過去問は最低でも3年分、それぞれ3回はやり込むべし

危険物取扱者の乙4とは?

研究をする人

「危険物取扱者」は、消防法で定められた資格です。

危険物取扱者の分類

危険物取扱者の資格は、危険物を取り扱う時に必要な国家資格です。危険物の一例は以下のようなものです。

  • ガソリン
  • 灯油
  • 軽油
  • 重油

危険物取扱者の資格は「甲種」「乙種」「丙種」に分かれており、さらに「乙種」については第1類から第6類までに分類されています。

今回の記事でメインにご紹介している危険物取扱者乙4は、危険物取扱者・乙種・第4類の資格試験を表します

危険物取扱者乙4に人気がある理由

危険物取扱者の資格試験の中では「乙4」が一番人気が高いと言われています。

その大きな理由は、需要の高さです。

ガソリンスタンドで必ず必要になる資格

危険物取扱者乙4の資格は、ガソリンや石油といった、可燃性の液体を扱うための資格です

ガソリンスタンドでは危険物取扱者乙4の資格保有者を責任者として置くことが必須となっているため、非常に需要が高い資格なのです。

ちなみに乙4以外の危険物取扱者資格は、硫黄やカリウム、過酸化水素水などを扱う資格となっています。

どれも重要な資格ですが、生活に密着した「ガソリン」を扱う危険物取扱者乙4の資格は、危険物取扱者の資格の中でも突出して人気があるのです。

危険物取扱者の試験形式・出題科目・合格基準

大切なチェックリスト

この段落では危険物取扱者の資格試験について、「甲種」「乙種」「丙種」それぞれの試験形式や科目、合格基準などを解説します。

危険物取扱者 甲種

危険物取扱者「甲種」の試験は、マークシート式で行われます。5つの選択肢から答えを1つ選ぶ「五肢択一」の形式です。

問題数は全45問で、制限時間は150分(2時間30分)です。試験科目は3科目で、それぞれの内容と問題数は以下の通りです。

  • 危険物に関する法令:15問
  • 物理学および化学:10問
  • 危険物の性質ならびにその火災予防および消火の方法:20問

危険物取扱者 乙種

危険物取扱者「乙種」の試験も甲種と同じくマークシート式で、5つの選択肢から答えを1つ選ぶ「五肢択一」形式です。

試験時間は甲種より短く120分(2時間)で、問題数も若干少なく全35問です

試験科目(3科目)の内容と各問題数は以下の通りです。

  • 危険物に関する法令:15問
  • 基礎的な物理学および基礎的な化学:10問
  • 危険物の性質ならびにその火災予防および消火の方法:10問

危険物取扱者 丙種

危険物取扱者「丙種」もマークシート式の選択問題ですが、選択肢が4つに減ります

試験時間は75分(1時間15分)と最も短く、問題数は25問です

試験科目(3科目)の内容、各問題数は以下のようになります。

  • 危険物に関する法令:10問
  • 燃焼および消火に関する基礎知識:5問
  • 危険物の性質ならびにその火災予防および消火の方法:10問

乙種4類試験の出題傾向

ここで、今回の記事の中心である「危険物取扱者乙4」の試験の出題傾向を見ておきましょう。

危険物取扱者乙4(乙種4類)の試験でよく出題される問題は以下のような内容です。

危険物に関する法令 基礎的な物理学および基礎的な化学 危険物の性質ならびにその火災予防および消火の方法
指定数量の計算 物質三態 物質三態
保安講習 静電気 静電気
予防規程 物理変化および化学変化 物理変化および化学変化
定期点検 有機化合物 有機化合物
保安距離 燃焼原理(燃焼三要素) 燃焼原理(燃焼三要素)
給油取扱所基準 消火三要素 消火三要素
消火設備 消火設備 消火設備
運搬基準
移送基準
義務違反への措置

これらの内容は危険物取扱者乙4(乙種4類)の試験では非常によく出るテーマで、資格試験に向けて勉強する時には必ずおさえておくべきと言われています。

ぜひしっかりチェックし、勉強に役立ててください。

危険物取扱者の合格基準

危険物取扱者試験は、「甲種」「乙種」「丙種」全ての種別において、全体の得点率が60%以上で合格となります

ただし先ほどご紹介した各種別の「科目」(「危険物に関する法令」など)のうち、1科目でも60%未満だった場合は不合格となります

それぞれの科目ごとに、不得意分野を作らずに勉強することが最も重要となります。対策をする際は心に留めておきましょう。

合格発表

危険物取扱者試験は、試験日から約2週間~1ヵ月後に合否が決定します

合格、不合格どちらでも、ご自宅にハガキで通知が来ますので楽しみに待ちましょう。

なお合格の場合は、免状を申請することができます。申請に必要な費用は1種につき2,900円で、危険物取扱者試験を受けた各道府県のセンター支部宛てに申請します。

申請に必要な書類は以下の通りです。

[ア] 免状交付申請書及び試験結果通知書

※免状交付申請書と試験結果通知書は切り離さないでください。

※試験日後6ヶ月以上経過して申請する場合は、新たに写真1枚が必要になります。

[イ] 既得免状 (現に交付を受けている危険物取扱者免状又は消防設備士免状をお持ちの方)

[ウ] 新たに交付される免状を郵送で希望される方は、免状を受け取るための送付用封筒

(ア) 封筒の形状 定形封筒(長さ14cm~23.5cm、幅9cm~12cm)としてください。

(イ) 封筒の表面には郵便番号・住所・氏名を記入し404円分(簡易書留郵便料金)の切手を貼付し、裏面の下部に受験番号を記入してください。

出典:一般財団法人 消防試験研究センター

詳しい申請方法などは上記「消防試験研究センター」のサイトでご確認ください。

危険物取扱者乙種の合格率

こぶしを合わせる人々

危険物取扱者乙種の合格率はどれくらいなのでしょうか。

乙種のなかでも難易度が異なる

危険物取扱者試験「乙種」の合格率は、第1類~第6類までを平均すると、約60%程度とされています。

全体の6割が合格できることを考えますと、資格試験の中では標準程度の合格率と言えますね

第4類(危険物取扱者乙4)は合格率が低い

危険物取扱者乙類全体では上記の合格率ですが、「第4類(危険物取扱者乙4)」の試験に限定しますと、合格率は約30%と急激に低くなります

第4類だけ合格率が低いのには、主に2つの理由が考えられます

  • 受験者が多い
  • 科目免除の影響

それぞれについて解説します。

受験者の内訳と合格率が下がる理由

危険物取扱者乙4の試験は需要が高い資格ですので、会社や工業高校などで集団受験を実施することがあります。受験者が多くなるのはこのためです。

会社員は試験対策を万全にする方が多いのですが、高校生の中には十分な対策をしていない学生も多いとされます。これが全体の合格率を下げる要因の一つだと言われているのです。

科目免除とは?

実は危険物取扱者試験の「乙種第1・2・3・5・6」においては、「第4類」の資格を持っていると「法令」と「物理学・化学」の科目が免除となります

危険物取扱者試験を受ける時は「乙4」から受け始める受験者が多いです。そのため他の「類」を受ける時に科目が免除され、負担が軽くなるケースが多いと言われています

こうした理由から危険物取扱者乙4(第4類)のみ合格率が低く、他の第1・2・3・5・6類の合格率が上がっていることが考えられるのです。

過去問を使った学習法

知識を示す本

危険物取扱者乙4に向けての勉強方法としては、まずはテキストを使って必要事項を覚えることから始めましょう。

ある程度知識が身に付いて来たら、過去問を使って対策をすることをおすすめします

この段落では危険物取扱者乙4の試験対策として、どのように過去問を使うべきかを解説していきます。

過去問はひたすら解く

危険物取扱者乙4の試験対策で過去問を解く時は、とにかくどんどん解いていくことが大切です。

一通り解いたら答え合わせをして、間違えた問題は「どうして間違えたのか」をテキストや解説を見ながら考え、復習してください。

次に同じ問題が出た時に間違えないようにすることが重要です

勘で答えたところはチェックしておこう

選択問題ならではの落とし穴とも言えるのですが、「まぐれ」で正解していることもあるでしょう。

試験本番であれば、わからない問題を勘で答えるのは悪いことではありません。 しかし対策の段階で勘による正解をしても、それが本番でも発揮されるとは限りませんよね

過去問を解く段階で「勘」で答えたところは横に印をつけておき、答え合わせの時に正しい解答とその理由をインプットし直すことをおすすめいたします。

過去問は最低でも3年分は解くこと

どのような資格試験にでも言えるのですが、過去問はできる限りの年数分解いておきましょう少なくとも3年分は解くように心がけてください

3年分以上を解いておけば、実際の試験でも見たことがある問題が複数出題されることでしょう。正答率も上がることは間違いありません。

より多くの問題に慣れるには、複数年の過去問を解くのが一番です。ひたすら解いて、問題のパターンを体に覚えさせていってください。

正解率はあまり意識しない

危険物取扱者乙4の過去問は、あくまでも「過去問」です

ご自身の実力を試すには参考になるものの、それが本番の点数とイコールであるとは限りません

ぜひ過去問を解く時には、点数に一喜一憂せず、冷静に向き合いましょう。

過去問は苦手分野の発見のために使う

テキストや問題集についている演習問題は、ある程度過去問に似せて作成されています

そのため、事前にテキストなどで問題演習をした後に過去問を解くと、合格ラインの点数に簡単に達することが予想されるのです

自宅の落ち着いた環境で過去問を解いた場合、本番よりも高い正答率になる可能性が高いのです。逆に言えば、落ち着いて解ける環境で間違えた問題があるなら、それをカバーするほうに気持ちを向けるべきでしょう

過去問は本番の予行練習というよりも、ご自身の苦手分野を発見するために使うものです。これを念頭に置いて過去問を利用してください。

過去問とテキストを組み合わせて学習しよう

危険物取扱者乙4の過去問を解く時は、ぜひ復習用としてテキストを用意しておきましょう。

答え合わせをして間違えた問題があったなら、テキストでその単元に戻り周辺知識も含めて徹底的に復習してください

反復学習が合格のカギ

誰にでも苦手分野はありますよね。一度勉強しただけではなかなか身に付かないかもしれません。

しかし何度も間違えて復習していくうちに必ず理解できるようになります。間違えやすいところは過去問に印をつけながら進めると、もう一度復習する時にチェックしやすいですよ。

一度間違えたからと言って諦めず、何度も挑戦して知識を吸収していきましょう

危険物取扱者試験の過去問・解説の閲覧方法

パソコンとコーヒー

実は危険物取扱者試験の過去問は、webで閲覧可能となっています

危険物取扱者試験の過去問の閲覧方法を詳しくご紹介いたします。

一般財団法人 消防試験研究センターサイトからPDFを入手可能

危険物取扱者試験の過去問閲覧サイトとして第一におすすめなのが、「一般財団法人 消防試験研究センター」のサイトです。

こちらのサイトでは、危険物取扱者試験を主催している団体が公式に発表している過去問を、PDF形式で閲覧することができます

答えもしっかりついており、「甲種」「乙種」「丙種」全ての過去問が閲覧可能です。学習や実力チェックに役立つことは間違いありません

ただ解説がやや少ない構成になっていますので、充実した解説が必要な方は他のサイトの過去問も活用してください

一般財団法人 消防試験研究センターの危険物取扱者過去問ページはこちらから

消防設備士・危険物取扱者の過去問、想定問題サイト

危険物取扱者試験の過去問閲覧サイトとして次におすすめなのが、「消防設備士・危険物取扱者の過去問、想定問題サイト」です。

こちらのサイトでも「甲種」「乙種」「丙種」全ての過去問が閲覧可能です。PDF形式ではなく普通のwebサイトとして見ることができますので、PDF形式に抵抗がある方はこちらのサイトを利用すると良いでしょう

タイマー機能がある

「消防設備士・危険物取扱者の過去問、想定問題サイト」の危険物取扱者試験の過去問コーナーでは、問題を解く時にタイマー機能があります

時間配分を考えながら解き進めることができるので、より実戦的な過去問演習を行い方には便利でしょう。

またこちらのサイトでは、1問ごとに正答と解説を確認することができます。細かく復習していきたい方はぜひ活用してください。

消防設備士・危険物取扱者の過去問、想定問題サイトはこちらから

ぜんせきWeb 乙4模擬試験お試し版

危険物取扱者乙4の過去問を閲覧するには、「ぜんせきWeb 乙4模擬試験お試し版」もおすすめです。こちらもPDF形式ではなく、通常のwebサイトとなっています。

過去3年分の問題がランダムに出題される

「ぜんせきWeb 乙4模擬試験お試し版」では危険物取扱者乙4試験の3年分の過去問がストックされており、全520問からランダムに出題される形式になっています

自分で問題を選ぶことができませんので、実際の試験と同じような感覚で取り組むことができるでしょう。採点機能と解説もついていますから、ご自身の点数をすぐに確認でき、間違った問題の復習も簡単にできます。

無料サイトは解答に注意

ここまでご紹介したサイトは、全て無料で利用することができます。しっかり活用して危険物取扱者試験の合格を目指してください。(ぜんせきWebについては、お試し版5回以上の演習をしたい場合は有料の会員登録が必要です)

ただし無料サイトである分、時々解答が間違っていることがあるようです。

もし答え合わせをしながら「これはおかしいな」と思う問題があった場合は、テキストと照らし合わせて確認しましょう。

過去問を解くときに注意すべきこと

問題を解く人

危険物取扱者試験の過去問を解く時は、ぜひ以下のことに注意しながら解き進めていってください。

頻出問題を重点的に学習

危険物取扱者試験の過去問を何回も解いていくと、同じような問題、似ている問題が出てくると思います。

もしそういった問題に気付いたら、それは「頻出分野」です

過去に何度も出るということは、今年度の試験にも出題される可能性も高いです。ぜひ重点的に学習するようにしてください。

珍しい問題に時間をかけるよりも、頻出問題を確実に正解できるようにすることが大切です

よく間違える範囲を見つけよう

ご自身が苦手な科目、分野を発見できるのも、過去問の利点です。

危険物取扱者試験の過去問で「よく間違える範囲」があった場合は、とにかくその分野をしっかり復習してください。

危険物取扱者試験では、1科目でも60%未満の正答率があると不合格になります。苦手分野をなくして、まんべんなく得点できるように対策をしていきましょう

誰にでも苦手分野はあるものですが、いかにそれをカバーできるかがポイントです。

やる気の維持

過去問を何度も解いてもなかなか合格点に達しない場合、モチベーションが下がることもあるかもしれません。

しかし、「危険物取扱者試験」はそこまで難関試験というわけではありません。地道に勉強すれば誰でも合格可能です。

ぜひ、めげずに復習を繰り返してください。何度も復習するうちに点数は自然と上がっていくことでしょう

どうしてもやる気が維持できない時は、苦手分野の復習を一度休んでみてください。好きな範囲や得意分野を解いてストレス解消し、リフレッシュした後でもう一度苦手分野に挑んでいきましょう

過去問に取り組む際のありがちなミス

失敗してしまった子供

危険物取扱者試験の過去問を解き進める際、多くの方が陥りがちなミスがあります。

やりっぱなし

危険物取扱者試験に限らず、過去問を解いて点数が良いと、そこで満足してしまう人がいます。

しかし過去問の時点では試験に合格したわけでも、資格取得できたわけでもありませんよね

過去問は自分の弱点を見つけるためのものです。間違えた問題は必ず復習して、次に同じ間違いをしないように対策をしてください。満点を取らない限り、過去問の点数に満足してはいけません。

同じ過去問を1回しかやらない

過去問はぜひ、何回も解きましょう。最低でも3回は取り組むことをおすすめします

1回解いて全問正解できたならそれで良いかもしれませんが、多くの方は多少なりともわからない問題があるはずです。

間違えたところは復習して覚えなおし、その上でさらにもう一度全ての問題を解き、正解できるかどうか確かめてください。この繰り返しで、知識を脳に定着させることができます

過去問は最も優れた問題集であることを心に留めて、最大限に活用してくださいね

過去問の次やるべきこと

勉強を続ける人

危険物取扱者試験の過去問を一通り解き終わった後にはどうすればよいのでしょうか。

過去問の次にやるべきことをご紹介します。

市販の問題集を解く

市販の問題集」は、過去問の次に優れた問題集と言えます。

特に資格関係の予備校が出版している問題集は良質なものが多いです。危険物取扱者試験の過去問を解き終わったら、市販の問題集も解いてみましょう。

また「予想問題集」と銘打ったものもおすすめです。昨年の問題を分析した上で今年度の問題を予想してくれていますので、参考になることでしょう。

たくさんの問題を解いて、試験形式に慣れておいてください。

模試を活用しよう

危険物取扱者試験の雰囲気に慣れるためには、模擬試験もおすすめです。本番に最も近い形での演習ができますので、ご自身の実力をしっかり試すことができるでしょう。

危険物取扱者の模擬試験は、資格会社が行っています。事前の申し込みが必要ですが、過去問や市販の問題集などを一通り解いた後は、ぜひ模擬試験で最終確認を行ってみてください。

通信講座で学習する

危険物取扱者試験の対策は、通信講座でも行うことができます。

通信講座では、危険物取扱者試験に合格するための効果的なカリキュラムが組まれています。短期間で資格を取りたい方や、独学に自身がない方におすすめです

定番はユーキャンの危険物取扱者講座

危険物取扱者の通信講座をお探しの場合、まずチェックすべきなのがずば抜けた知名度を誇るユーキャンの通信講座でしょう。

ユーキャンは初学者でも抵抗なく取り組める分かりやすいテキストと、添削を含む手厚いサポートが人気を集めており、カリキュラムに沿って学習するだけで乙4試験合格に十分な実力を身に付けることができるでしょう

受講者からの評判も高い大人気講座なので、ぜひこの機会に受講を検討されてみてはいかがでしょうか。

危険物取扱者乙4の過去問と対策法まとめ

危険物取扱者乙4の過去問についてまとめ

  • 危険物取扱者試験の過去問はwebで閲覧できるのでご自身に合ったサイトを利用しよう
  • 過去問は最低でも3年分、それぞれ3回以上は解いておくべし
  • 危険物取扱者乙4の合格率は30%と低めだが、地道に勉強すればそこまで難しくはない
  • 通信講座も活用して確実な合格を目指そう

危険物取扱者乙4の合格率は30%程度と少し低いですが、これは高校生の集団受験などが要因とされています。

しっかり勉強すればそこまで難しい試験ではありませんので、過去問や通信講座を利用して地道に対策をしていきましょう

人気記事
この記事に関連するタグ