1. コンピュータ・Web
  2. ウズウズカレッジの通信講座の評判は?専務取締役の方に直接インタビューしてきました!

ウズウズカレッジの通信講座の評判は?専務取締役の方に直接インタビューしてきました!

更新日時 2021/03/11

「ウズウズカレッジってどういう講座を提供しているの?」

「料金が格安と言ってもその理由が分からないと不安」

現在エンジニアの需要は急速に高まってきており、未経験の方でもエンジニア職を目指している方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は未経験や文系の方でもITエンジニアを目指せる、今注目の講座のウズウズカレッジ様にインタビューを実施してきました。

低価格を実現している秘訣から、他の通信講座会社とは異なっているコンセプトまで詳しくお伺いしてきましたので、特にIT業界に興味がある方は必見の内容となっております。

目次
  • ウズウズカレッジの講座の概要

  • ウズウズカレッジの他の通信講座との違い

  • ウズウズカレッジの魅力とは

  • ウズウズカレッジの料金が格安な理由は?

  • オンライン上での授業サポートについて

  • ウズウズカレッジの今後の展望についてもお聞きしました

ウズウズカレッジの講座の概要

パソコンを見ている人の右側


person1
加藤

本日はお忙しい中、インタビューに応じて下さりありがとうございます。

資格Timesを運営しております、株式会社ベンドの加藤隆一と申します。

本日はどうぞ宜しくお願い致します。

person2
川畑様

ウズウズカレッジを運営しております、株式会社UZUZの専務取締役の川畑です。

本日は宜しくお願いします。

person1
加藤

宜しくお願いします。

では、早速インタビューを始めさせて頂きます。

まずは、ウズウズカレッジ様についてどのような講座を提供されているのかその概要について教えて頂きたいです。

person2
川畑様

ウズウズカレッジは、、ITエンジニアを目指すための学習支援を行うサービスで、

①インフラエンジニアを目指すために、CCNA資格の取得をサポートする「CCNAコース

②プログラマーやSEを目指すために、 Javaプログラミングの学習をサポートする「プログラミングコース

の2つのコースがあります。 基本的には学習する内容が異なるだけで、サポート面ではほとんど同じ講座になります。

person1
加藤

なるほど。プログラミングは何となくイメージがつくのですが、「CCNA」という資格は初耳です。

具体的にはその資格を持っていると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

person2
川畑様

CCNA(Cisco Certified Network Associate)とは、世界最大手のネットワーク関連機器メーカーであるシスコシステムズ社が提供しているIT専門資格です。

インフラエンジニアとしての基礎的な知識であるネットワークの仕組みや機器類の機能に関する知識を保有していることを証明する資格です。

この資格を取得する最大のメリットは「就活を有利に進められる」ことです。具体的には、内定率が上がる、配属先の環境が良質になる、企業によっては資格手当がもらえる、と様々なものがあります。

反対にCCNAはITエンジニアへの就職・転職を考えていない人にとってはあまりメリットがない資格なので、注意が必要です。

ただ、就職に直結しない資格の方があまり取っても意味がないというのもありますが笑

person1
加藤

CCNAは特に就職で有利になる資格なんですね。

それでも不景気だと就職先の数が減り、資格を取得した意味がなくなってしまうこともありますよね?

person2
川畑様

実はインフラエンジニアというのは通信インフラを司る職業ですので、景気に左右されず一定の需要がある点が特徴なので、CCNAの資格は長く重宝されるんですよ。

特にコロナ禍では、通信インフラのニーズが逆に上がったと言えるくらいです。

person1
加藤

CCNAは、安定性の高い資格なんですね。

CCNAコース、プログラミングコースの講座内容が気になる方は、ぜひ一度無料オンライン相談に参加してみてください。

ウズウズカレッジの他の通信講座との違い

パソコン上での説明画面


person1
加藤

では次に、ウズウズカレッジ様が他の通信講座と異なる点についてお伺いしたいです。

person2
川畑様

ウズウズカレッジは、もともと就業支援サービスを提供している株式会社UZUZが運営しているサービスなので、就職・転職に直結する学習支援となっている点が特徴です。

初めは就職・転職支援の一環としてCCNAやプログラミングを簡単に教育していたのですが、コロナ禍もあり、より高水準の学習支援が必要になったため、教育支援のクオリティを上げたサービスがウズウズカレッジです。

なので、学習支援から就業支援に展開した他のIT学習支援サービスとは異なり、就業支援から学習支援に派生している点が最大の違いです。

person1
加藤

なるほど、成立した由来が異なるんですね。

しかし、それだと他の通信講座を専門に扱っている会社よりも教育に関するノウハウが不足していたりしないのでしょうか?

person2
川畑様

弊社では、ITに関するプロと教育に関するプロを講師として採用し、彼らに学習コンテンツを1年がかりで作成してもらいました。

さらに、実際に就業支援を行っているユーザーに試験的に利用してもらい、フィードバックも得た上で改善したきたので、教材の質もかなり高くなっています。

一般的にITエンジニアが作成した教材は未経験者にはわかりづらい内容となってしまうことがありますが、教育のプロが「未経験者でもわかりやすい教材」に変換しているので、未経験者でもわかりやすく、継続しやすい講座になっています。

person1
加藤

確かにその方がITの専門家に教えてもらうよりも、初心者としては分かりやすそうです。

また教育のプロなら初心者の立場になって考えてくれるので、より安心できる気もしますね。

プロこだわりの教材の詳細が気になる方は一度ウズウズカレッジの無料オンライン相談に参加してみると良いでしょう。

ウズウズカレッジの魅力とは

パソコンを見ている人の右側

person1
加藤

では、次にウズウズカレッジ様の魅力についてお伺いしたいです。

person2
川畑様

ウズウズカレッジの魅力は、全体を通しての目標が資格取得に留まらずその先にある資格を生かした就職(転職)にある点です。

皆さんが資格取得を目指すのは、ただ資格を取得したいわけではなく、その先にある就職や転職です。

それならば、ただ学習支援をするのではなく、就職、転職に直結するための就業支援まで一気通貫で提供するべきだと考えています。

なので、ウズウズカレッジでは学習支援後に希望する方には運営会社である就職エージェントであるUZUZが、就業支援も一緒に提供しています。

person1
加藤

確かに言われてみれば、どんな資格でもその取得自体を目標にすることは少ないですね。

person2
川畑様

資格を無事取得した人には、IT分野の求人に強いUZUZから未経験ITエンジニア求人をご紹介しています。

今まで数千人のITエンジニアを排出しているので、面接対策のクオリティの高さには自信を持っています。

person1
加藤

なるほど、求人紹介だけでなく、面接の支援もしているんですね。

person2
川畑様

求人紹介だけでなく、エントリー書類の添削から面接対策のサポート、面接の日程調整までトータルでサポートしています。

就職支援が魅力のウズウズカレッジの無料オンライン相談にぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか?

ウズウズカレッジの料金が格安な理由は?

オンライン授業の風景

person1
加藤

では次にウズウズカレッジ様の講座価格が3ヶ月で15万円と、競合サービスと比較して非常に低価格なのですが、その秘訣などをお伺いしたいです。

person2
川畑様

まず、大前提として他社サービスとゴール設定が異なる点が挙げられます。

学習支援メインである他社の場合、学習支援だけで利益を上げる必要があり、自ずと受講料が高くなってしまいます。

しかし、ウズウズカレッジは就業支援を組み合わせることで、学習支援サービスだけで利益を上げる必要がないのです。

person1
加藤

ここでも、ウズウズカレッジ様のサービス立ち上げ背景の違いが関係してくるんですね。

では、就業支援の料金が発生するのでしょうか?

person2
川畑様

いえ、就業支援の料金は受講生側にとっては完全無料となっております。

person1
加藤

完全無料とは驚きです。どうして無料でサービスを提供できるのでしょうか。

person2
川畑様

それは、人材を紹介した企業から人材紹介料を頂いているからです。

一般的に「転職エージェント」と呼ばれているところはほぼ全てこのビジネスモデルになっています。

person1
加藤

なるほど。そのような仕組みがあるからこそ、転職エージェントの就業支援は無料のところばかりなんですね。

格安の講座料金を誇るウズウズカレッジが少しでも気になる方は、ぜひ無料オンライン相談をご利用ください。

オンライン上での授業サポートについて

パソコン上での説明画面

person1
加藤

次にコロナ禍において従来の「対面形式」から「オンライン形式」に変わったとお聞きしたのですが、オンラインでの学習支援についてお伺いしたいです。

person2
川畑様

オンライン形式になったことで、ほぼ全ての学習支援のクオリティが上がったと考えています。

主なメリットとしては、

・講義をすべて動画化したことで、「いつでも」「どこでも」「何度でも」受講できるようになった。

・自分のペースで学習を進めることができるようになった。(完全個別サポート)

・講師が講義に張り付きにならないので、LINEなどでの質問への対応スピードが上がった。

・首都圏以外の地域でも学習支援を受けることができるようになった。

があります。

その他にも就業中の方との面談もリモートということで、就業後や休日に自宅から対応してもらうこともできるようになりました

person1
加藤

質問フォームなどを介さずにLINEで直接コーチに質問可能なのですね。

対応して頂けるスピード感としてはどれくらいが目安でしょうか。

person2
川畑様

LINEで質問して頂ければ、もしメンターに他の予定が入っていなければ即対応できますし、もし他の受講生との面談が入っていたとしても遅くとも1~2時間以内には対応してもらえます。

person1
加藤

かなり迅速に対応して頂けるのですね。

person2
川畑様

これは、先程もお伝えしましたが、オンライン化したメリットの一つです。今までは講義が終日入っていたので、質問対応はその合間や終業後にしか行えませんでした。

また、LINEで質問できるので、講義中に大勢の前で質問する必要もなくなり、受講者の質問への心理的ハードルも下げる効果があると思っています。

person1
加藤

自分も大勢の前で質問するのは躊躇ってしまうかもしれませんが、LINEでなら気軽に聞ける気がします。

オンライン化のメリットも大きいのですね。

気になるオンライン授業の詳細は無料オンライン相談で直接質問してみてはいかがでしょうか?

ウズウズカレッジの今後の展望についてもお聞きしました

パソコンを見ている人の左側

person1
加藤

最後に、ウズウズカレッジ様の今後の展望についてお聞きしたいです。

person2
川畑様

現在、ウズウズカレッジでは、

①インフラエンジニアを目指すために、CCNA資格の取得をサポートする「CCNAコース」

②プログラマーやSEを目指すために、 Javaプログラミングの学習をサポートする「プログラミングコース」

の2つのコースがあります。

この2つのコースを固定しつつ、より一層学習支援のクオリティを上げていきたいと思っています。

また、就業支援への移行をよりスムーズにすることで、「就職・転職できるITスクール」の立ち位置を確立したいです。

person1
加藤

ここから新たにコースの種類を増やしていく予定ではないのですね。

person2
川畑様

そうですね。就業に最適なコースとして望ましいものは用意できたので、あとは学習コンテンツの質を上げることで、受講者が増えてくれるといいですね。

ただ、あくまでもこの事業の目的は「就業」なので、受講者の数よりも講座を受講して就業できる人が増えればいいと思っています。

person1
加藤

では、これからはより知名度も必要になってきますね。

person2
川畑様

その通りです。ハリボテの講座にならないよう知名度と共に実績も伸ばして行かなければならないと思っています。

また現在、日本では他の先進国に比べて地方のIT化が遅れているという問題があります。将来的には地方のIT人材不足を解消する手助けをしていきたいです。

person1
加藤

私もIT人材の不足は現在の日本の課題であると感じているため、今後の日本を支えていく素晴らしい取り組みであると感じています。

本日はお忙しい中、貴重な話をお聞かせ頂きありがとうございました。

ちょっとでも気になった方は無料相談の申し込みをしてみるのはいかがでしょうか?

無料相談では、IT業界の知識が豊富なカウンセラーが丁寧に相談に乗ってくれます。

もちろん、「まだインフラエンジニアかプログラマーどちらがいいのかわからない」という方でも相談可能ですので、ぜひお気軽に話をしてみてください!

  1. コンピュータ・Web
  2. ウズウズカレッジの通信講座の評判は?専務取締役の方に直接インタビューしてきました!