1. 調剤薬局事務
  2. 調剤薬局事務の資格の難易度は?調剤事務管理士などの試験の種類や合格率について解説

調剤薬局事務の資格の難易度は?調剤事務管理士などの試験の種類や合格率について解説

更新日時 2020/06/12

「調剤薬局事務の難易度ってどのくらい?」

「調剤薬局事務の合格率や勉強時間について知りたいけど実際はどうなの?」

このような疑問を抱えている方は少なくないと思います。

調剤薬局事務といっても資格の種類は様々であり、また難易度も資格の種類によって異なります。

また資格を持っていることで仕事をする際に何かメリットはあるのでしょうか?

こちらの記事では、調剤薬局事務の難易度と試験内容とそのメリットについても詳しく解説していきます!

調剤薬局事務の難易度についてざっくり説明すると

  • 調剤薬局事務の難易度は種類による
  • 受験資格が必要なものもある
  • 将来的に役立つ
目次
  • 調剤薬局事務の資格の難易度は低い?

  • 調剤事務管理士の試験内容

  • 他の調剤薬局事務の資格と比較すると

  • 独学合格におすすめのテキスト

  • 調剤薬局事務の資格取得がおすすめな理由

  • 調剤薬局事務資格の選び方

  • 調剤薬局事務の難易度についてまとめ

調剤薬局事務の資格の難易度は低い?

二匹の羊

調剤薬局事務の資格には以下の7種類が存在します。

  • 調剤事務管理士
  • 調剤報酬請求事務専門士
  • 調剤事務実務士
  • 調剤報酬事務技能認定
  • 調剤薬局事務検定試験
  • 医療保険調剤報酬事務士
  • 調剤薬局事務資格

以下ではそれぞれの難易度、合格率、試験内容について詳しく解説していきます。

調剤薬局事務の資格の難易度・合格率

調剤薬局事務の資格の難易度・合格率をまとめると以下の通りになります。

難易度・合格率 資格試験
難易度が高く合格率も低い 調剤報酬請求事務1級
調剤報酬請求事務2級
難易度も合格率も標準的 調剤事務管理士
調剤事務実務士
調剤報酬請求事務3級
難易度が低く合格率も高い 調剤報酬事務技能認定
調剤薬局事務検定試験
医療保険調剤報酬事務士
調剤薬局事務資格

上記のように、調剤薬局事務の資格試験に難易度の高いものはほとんどなく, 比較的難しくないと言えるでしょう。

合格率や試験内容のみの観点から見れば、難易度は表の上から順に高くなっていますが、受験資格についても調剤薬局事務の資格取得を目指す際には注意が必要です。

受験資格という観点からみた際には、上記の難易度とは違った結果になることもあります。

調剤薬局事務の資格を受験するには

調剤薬局事務の資格には受験資格が必要でないもの必要なものの2種類があります。 まず最初に受験資格が不要な資格試験について見ていきたいと思います。

受験資格がなく、誰でも受験することのできる資格試験には以下の3つがあります。

  • 調剤事務管理士
  • 調剤報酬請求事務専門士
  • 調剤事務実務士

次に受験資格が必ず必要となる資格試験について見ていきたいと思います。上記の試験とは異なり受験者が受験資格もち、特定の講座を受講しないと受験資格を得ることの出来ない資格試験となっています。

以下の4種類があります。

  • 調剤報酬事務技能認定
  • 調剤薬局事務検定試験
  • 医療保険調剤報酬事務士
  • 調剤薬局事務資格

中でも医療保険調剤報酬事務士の資格試験では、資格受験者は受講した講座のテストを3回も合格する必要があります。その点を考慮すると、医療保険調剤報酬事務士の資格の取得は難しいと考えられます。

調剤薬局事務の資格が簡単な理由

では、調剤薬局事務の資格が簡単と言われるのはなぜなのでしょうか?考えられる理由は以下の3つとなっています。

  • 受験者は調剤薬局事務の資格のほとんどを自宅で受験することが出来る

  • 知識のインプットのために勉強したテキストをそのまま実際の試験でも持ち込み可能なので、受験者はテキストを見返して使えること

  • 講座の受講を義務付けられている試験(上記4種類)では、受験者は講座の修了試験の際に合格するのに十分な勉強をしていることが大半であるため、結果的に試験の合格率が高くなること

したがってこれら3つの理由を考慮すると、調剤薬局事務の資格を取得するのは簡単と言えるでしょう。

実務試験は特に対策が必要

調剤薬局事務の資格試験は学科試験と実技試験の2部で構成されています。その中でも特に対策が必要となってくるのが実技試験です。

実技試験では、受験者は試験全体90分間の中の決められた時間内で設問への対応をしなければなりません。なので時間対策など学科試験以上に十分な対策をする必要があります。

また実技試験では調剤報酬明細書(レセプト)について問われるため、レセプトの作成についてのスキルや知識は確実にマスターすることが求められます。

ぶっつけ本番ではなく、実際に与えられた時間の中で設問の問いに答えることが出来るか何度も挑戦して対策をするのが安全と言えるでしょう。

調剤事務管理士の資格が最もおすすめ

調剤薬局事務の資格の中で最もおすすめなのが調剤事務管理士の資格です。その理由は以下の通りとなっています。

  • 調剤薬局事務の資格はそのほとんどが公的な資格であり、難易度の高い資格ほど有利ということではない

  • 調剤事務管理士は調剤薬局事務の資格の中で最も一般的で知名度がある

このような観点から見ると、調剤事務管理士の資格を取得することは有益であると言えるでしょう。

また一方で調剤報酬事務技能認定調剤報酬請求事務専門士の資格を取ることもおすすめです。この2つの資格を取ることによって、調剤薬局事務の仕事の一つである「レセプト業務」において資格手当を貰える可能性があります。

調剤薬局事務の中でもどの資格を取ろうか考えている方は、資格についての講座を開講している企業に資料の請求をして、各資格を比較するのも良いと言えるでしょう。

調剤事務管理士の試験内容

お金

以下では、最も取得をおすすめする調剤事務管理士の試験について詳しく解説していきたいと思います。

調剤事務管理士の試験範囲

調剤事務管理士の試験は技能認定振興協会という団体によって行われ、保険調剤の仕組みを理解し、正確に調剤報酬を算定し請求できるなど、薬局運営のサポートをできる知識を証明する資格です。

調剤事務管理士の資格試験の内容は以下の通りです。

  • 法律・規制に関わる知識を問う学科試験とレセプトの点検・作成能力を問う実技試験の2部構成となっていること

  • 学科試験は、4つの選択肢のうち1つを回答するマークシート方式

調剤事務管理士の難易度は偏差値で言うと?

調剤事務管理士の資格試験の偏差値は42となっています。

偏差値が50を下回ることからも分かるように、調剤事務管理士資格試験の難易度は一般的な資格と比較すると、標準的なものよりもやや低く、偏差値という視点から見ると資格の取得は比較的簡単だと考えられます。

また、調剤事務管理士の偏差値と似たような例だと理容師、美容師、理学療法士などが挙げられます。

調剤事務管理士の合格率・合格点

調剤事務管理士の合格率はおよそ60%です。この数値は他の資格と比べると比較的受かりやすいと言えるでしょう。

また調剤事務管理士の合格点は以下の基準を満たすことが必要となっています。

  • 学科試験で100点中70点以上

  • 実技試験において各問題50%以上の正答率かつ全体の70%以上の正答率

調剤事務管理士の合格率が60%なのを考慮すると、資格を取得するのに必ずしも難易度が高い試験とは言えないでしょう。

加えて調剤事務管理士の試験は年に6回実施されるため、試験の調整がしやすいという点でも十分に受ける価値のある試験だと言えます。

調剤事務管理士合格までに必要な学習期間

前述でも少し書いた通り、調剤事務管理士の資格試験は年に6回行われています。受験出来るチャンスが非常に多いことも受験者にとってのメリットとなります。

調剤事務管理士の資格試験では実際に教材を持ち込むことが出来るので、知識のインプットにそこまで時間をかけなくても良いです。

したがって非常に効率よく勉強出来た場合は3ヶ月で合格することも可能となるでしょう。

また最長でも6ヶ月資格取得のための学習を行っていれば合格出来る可能性は著しく高いと言えます。

他の調剤薬局事務の資格と比較すると

ねこ

これまでは調剤事務管理士の特徴についてみてきましたが、ここで他の調剤薬局事務の資格の特徴についても調剤事務管理士との比較という形で紹介していきたいと思います。

調剤報酬請求事務専門士

調剤報酬請求事務専門士とは調剤薬局で保険請求分のレセプトを正確に算定し、顧客に対してレセプトの説明を行えることを証明してくれる資格です。

調剤報酬請求事務専門士は調剤事務管理士と同じように受験資格を持つ必要はなく、独学で資格試験に望むことが出来ます。

試験については、専門士検定協会によって行われています。

試験内容は以下の通りです。

  • 薬剤・法律・接遇の基礎知識を問う学科試験

  • 処方せんからの点数計算・レセプト作成の能力を問う実技試験

調剤報酬請求事務専門士は学科試験と実務試験の2段階構造であるという点では調剤事務管理士と同じですが、難易度には違いがあります。

調剤報酬請求事務専門士の試験は3級から1級まで存在し、合格率は3級の場合約50〜60%、2級の場合は約30〜40%、1級の場合はおよそ20%となっています。

難易度の通り1級は非常に難しく、受験者はより高度で専門的な知識を要求されます。

調剤事務実務士

調剤事務実務士とは調剤に関する報酬請求事務で活躍出来ることを証明する資格です。

調剤事務実務士も調剤事務管理士と同じように独学でも受験することが可能で、医療福祉情報実務能力協会によって行われる調剤情報実務能力認定試験に合格することが必要です。

調剤事務実務士の試験形態は以下の通りです。

  • 薬学・医療保険制度・点数算定・接遇マナーに関する知識を問われる学課試験

  • 一般、後期高齢者、小児、在宅、特定疾患の5タイプの処方せんから3つを選択し、レセプトの作成を要請する実技試験

調剤事務実務士の合格率はおよそ61%になっているため、着実に勉強を進めていけば合格することの出来る試験ということが出来るでしょう。

調剤報酬事務技能認定

調剤報酬事務技能検定試験の目的は調剤についての報酬請求事務の知識と技能のレベルを理解し、報酬請求事務の知識が実務的なものであることを証明することです。

調剤報酬事務技能認定は調剤事務管理士と違い独学では受験資格を取得することが出来ないため、受験者は日本医療財団の定めた所定のカリキュラムを受講する必要があります。

そして、その後の修了試験に合格することで最終的に資格を得ることが出来ます。

調剤報酬事務技能認定の受験資格を得るためには、ニチイや医療事務協会の開講する調剤薬局事務講座などを受ける必要があります。

調剤報酬事務技能認定の試験内容は次の通りです。

  • 医療保険制度、法規制、薬学などについての基礎知識を問う学科試験
  • レセプトの点検・作成要求する実技試験

調剤報酬事務技能認定の合格率は他の調剤薬局事務の試験と異なり合格率は発表されていません

また調剤報酬事務技能認定の試験は講座受講後の修了試験を合格した後でないと受けることが出来ませんが、その合格率は70%程度となっており、難易度はそこまで高いものと言えないでしょう。

調剤薬局事務検定試験

調剤薬局事務検定試験の目的は調剤に関する報酬請求事務に必要な基礎的知識や技能について理解し、レベルを評価出来るところにあります。

調剤薬局事務検定試験も、独学では勉強するだけでは受験資格をもらうことが出来ず、受験するためには日本医療事務協会の認定許可を得た講座を修了させなければいけません。

日本医療事務協会の設定する講座は2種類あり、受験者は通信コースと通学コースのいずれかを選択することが出来ます。

調剤薬局事務検定試験の試験内容は以下の通りとなっています。

  • 調剤報酬の算定についての基礎知識が問われる学科試験

  • 調剤報酬の算定・レセプト作成等の技能が問われる実技試験

調剤薬局事務検定の合格率がおよそ90%であることから、難易度は高くなく受講者のほとんどが受かる試験となっています。

医療保険調剤報酬事務士

医療保険調剤報酬事務士の資格は、受講者は医療保険学院の医療保険調剤報酬事務教育講座を受講し、その中間テストに合格しなければ受験資格を得ることが出来ません

医療保険調剤報酬事務士で試されるのは調剤薬局で必要となる事務処理能力です。事務処理能力には保険証の確認やデータ入力、会計、レセプト処理などがあります。

また受験者が合格するのに必要な試験は以下の2種類となっています。

  • 医療保険制度や保険請求業務に関する基礎知識を問う学科試験

  • レセプトの点検・作成技能を試す実技試験

医療保険調剤報酬事務士の試験は資格取得に必要な講座の中間テストに合格した人が大半であり、合格率はほぼ100パーセントとなっていることから、難易度は高くないと言えます。

調剤薬局事務資格

調剤薬局事務資格は日本能力開発推進協会(JADP)が認定する講座を受講し、カリキュラムを修了した人のみが受けられる試験になっています。

本能力開発推進協会(JADP)が認定する設定講座には、キャリアカレッジジャパンの開講する、調剤薬局事務通信講座があります。

調剤薬局事務資格の試験内容は以下の通りとなっています。

  • 薬剤や各種制度についての知識を問う学科試験
  • 受験者が調剤報酬請求事務を実際に行う実技試験

調剤薬局事務資格の合格率は公表されていませんが、受験者はカリキュラムを終えた後に受ける試験で70パーセント以上正解できれば合格することが可能です。

講座カリキュラムの修了テストで十分な成績を取れていればそのあとの資格試験の負担は重くないと言えることから、調剤薬局事務資格試験はそこまで難易度が高い試験だとは言えないでしょう。

独学合格におすすめのテキスト

靴

独学で資格を取得するためのはテキスト選びが重要となってきます。

基本的にはインプット用のテキストと過去問を用意することで、調剤薬局事務の資格は取得可能となっています。

次の項目では独学の際のポイントとテキストのおすすめを詳しく紹介していきたいと思います。

知識のインプット

調剤薬局事務の資格試験に合格するためには、まず薬局の仕組み調剤報酬についてよく知る必要があります。

ですが聴き慣れない専門用語が多いことから、まずは初心者向けに書かれたテキストでインプットを行うことが良いでしょう。

'20-'21年版 ひとりで学べる 調剤報酬事務&レセプト作例集
1650円
'20-'21年版 ひとりで学べる 調剤報酬事務&レセプト作例集
1650円

こちらの「ひとりで学べる調剤報酬事務&レセプト作例集」は調剤報酬事務を行う上で必要となってくる医療保険制度や薬の基礎知識、処方せんの読み方、薬剤の計算方法などの基礎的な知識について書かれています。

また練習問題も掲載されているので、アウトプットをする際にも役立つでしょう。

インプットとアウトプットの両方を行うことで、より調剤薬局事務についての知識が深まると言えます。

過去問を取り寄せよう

調剤薬局事務の試験に独学で受かるためには、過去問を何度もやり込む必要があります。

過去問を疎かにしないことで本番の試験の際どんな問題が出るのかを対策することが出来ます。そしてやり込むことで頻出分野をおさえることもできるので、過去問対策は効率的にインプットするのに役立つでしょう。

また調剤事務管理士の過去問も調剤報酬請求事務専門士の過去問も実施する団体のホームページから取り寄せることができるので多いに役立てるべきでしょう。

通信講座の利用もおすすめ

調剤薬局事務系資格の中を勉強する際には通信講座を使った勉強がおすすめです。

わかりやすい内容のテキストと手厚い学習サポートが備わっているパターンが多く、わからないポイントを確実につぶしながら合格へと近づくことができます。

しかし、通信講座の種類は豊富にあるためどれを選んだらいいのかわからない人も多いのではないでしょうか?

資格Timesではユーキャンの調剤薬局事務講座をおすすめします。

ユーキャンは理解に特化したテキスト構成となっており、図やイラストを豊富に使用することで知識を理解したうえで確実に定着させられる工夫がなされています。

またユーキャンの調剤薬局事務講座は、「現役調剤薬局事務がおすすめする調剤薬局事務講座」で1位に輝くなど多くの人から信頼を集める講座となっていることから、多くの人におすすめできる講座となっています。

通信講座で迷っている人はぜひ一度ユーキャンの通信講座を見てみてはいかがでしょうか?

調剤薬局事務の資格取得がおすすめな理由

本 調剤薬局事務は未経験や無資格でも取ることのできる資格であり、調剤薬局事務の資格を持っていることは多くのメリットがあります。

以下では調剤薬局事務の資格が実際にどんな場面で役立つのかを見ていきましょう。

資格があれば再就職がしやすい

女性の場合育児や介護の影響で一時的に職場を離れなければならないこともあるでしょう。

ですが、調剤薬局事務の資格を取得していれば処方箋受付の流れやレセプト作成の知識を身につけているため職場に復帰するのも容易となるでしょう。

また 調剤薬局事務の資格を持っているという事実は即戦力になるとみなされ、難易度が高くない資格もあることから人気もあり初心者でも目指しやすい資格と言えるでしょう。

全国の薬局で需要がある

高齢化に伴い薬局の需要はますます高まっていますが、薬剤師だけ業務をまわすのは負担が大きいというのが現状です。

そのため薬剤師を補助でき、かつレセプト作成のスキルを証明できるような資格を持つ調剤薬局事務は今後さらに必要とされます。

また現在全国各地の薬局では調剤薬局事務に携わる人数は不足しているため、求人も非常に多く注目されています。

将来性の面も心配ない

日本の高齢化に伴い調剤薬局の需要は今後ますます高くなっていくと言えます。

需要の高まりは医療自体が成長分野であること、また処方箋の受付件数が年々上昇していることなどからも説明することが出来ます。

また引越しを考えていたとしても、調剤薬局事務資格を持っている人の就職先はたくさんあります。なぜなら資格を評価してくれる調剤薬局は全国どこにでもあるからです。

調剤薬局事務資格の選び方

チョコ 調剤薬局事務の資格には様々な種類があります。なのでそれぞれの資格の特徴を理解して自分に最適な資格を選択していくことが大切になります。

次の項目では具体的な選び方を紹介していきたいと思います。

就職・転職に活かせる資格かどうか

調剤薬局事務資格を取得する際に最も必要となってくるのはその資格のおかげで就職・転職が有利になるか?ということです。

一般的に見れば調剤薬局事務資格を持っている人はまだまだ少ないと言えるでしょう。中でも「調剤報酬請求事務専門士1級」の資格は難易度が高く、履歴書にかけばインパクトを残すことができるでしょう。

ただし、現在自分が置かれている環境や使える時間との兼ね合いで合格率の高い資格から取得していくというのもまた一つの手でしょう。

受験資格から選ぶ

受験資格から選ぶのも良いでしょう。調剤薬局事務の資格には上述のように講座の受講が必要なものと、受講不要で誰でも受けられるものの2種類があります。

講座を受講すれば実務にも役立つような基本的な知識を備えながら資格を取れますし、もし時間や費用をあまりかけずに資格を取得したいのならば独学で取得可能な資格を選択する、というのも良いでしょう。

資格の特徴から受験する資格を決めるのも1つの手ですが、他方でお金の面やスケジュール面も考慮すべきでしょう。

調剤薬局事務の難易度についてまとめ

調剤薬局事務の難易度についてまとめ

  • 調剤薬局事務の難易度は受ける試験の種類によって異なる
  • 中には講座を受講しないと受けられない試験もある
  • 就職する際に有利

調剤薬局事務の難易度は資格の種類によって様々で、また全体で見ればそこまで難しくないと言えます。

調剤薬局事務として働くことは就職する上でも役立ちますし、将来性もあるので持っていて間違いなく損することはないでしょう。

ぜひ調剤薬局事務に興味がある方は資格を取ってみてはいかがでしょうか?

  1. 調剤薬局事務
  2. 調剤薬局事務の資格の難易度は?調剤事務管理士などの試験の種類や合格率について解説