調剤薬局事務と医療事務はどっちがおすすめ?仕事内容や求人・給料の違いについても解説

更新日時 2020/06/11

「調剤薬局事務と医療事務はどう違うの?」

「2つの職業についてもっとよく知りたい!」

調剤薬局事務と医療事務は、どの町でも見かける求人の一つです。しかし、両方の職種において、何がどう違うのか分からないと感じている方は多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では調剤薬局事務と医療事務の違いや仕事に関連した知識について解説していきます。

調剤薬局事務と医療事務についてざっくり説明すると

  • 調剤薬局事務と医療事務は共通する仕事もあるが細かい所に違いがある
  • 仕事内容や範囲に違いはあるが、給料面の違いはあまり差がない
  • 未経験で就職や転職をする場合は資格を取得すると有利にできる
  • 調剤薬局事務と医療事務の仕事の違いは、求める人材の違いにもつながっている
目次
  • 調剤薬局事務と医療事務はどう違うの?

  • 調剤薬局事務と医療事務の仕事内容

  • 調剤薬局事務と医療事務の活躍の場

  • 両者の就職・転職事情

  • 両者の給料やパートの時給を比較

  • 必要な知識やスキルの違い

  • メリットのある資格と取得費用

  • どっちがおすすめ?

  • 調剤薬局事務と医療事務まとめ

調剤薬局事務と医療事務はどう違うの?

赤いはてなマーク 調剤薬局事務と医療事務の違いを知るには、それぞれの役割について知る必要があります。まずはそれぞれの役割について解説します。

調剤薬局事務は薬局事務が専門

調剤薬局事務は、名前の通り薬を処方する調剤薬局で薬剤師のサポートを行う仕事です。具体的な仕事内容としては、以下のような仕事を行います。

  • 患者さんの受付や会計
  • 処方せんの確認やデータ入力
  • 保険証の確認やお薬手帳の発行
  • レセプト業務
  • 待合室の環境整備

薬剤師の仕事を多方面からサポートしつつ、薬を受け取る患者さんが快適に過ごせるよう薬局内の環境を整える仕事が主な内容となります。

また、事務職ですが患者さんの命に関わる業務を行うので、専門的な知識や技術が必要です。この知識と技術は仕事を行いながら覚えていきます。大変ですが、非常にやりがいのある仕事です。

医療事務は病院の顔

では医療事務はどの様な仕事なのでしょうか。

医療事務は医療機関で行う事務業務全般を行う仕事です。主な仕事内容としては、以下の仕事があります。

  • 患者さんの受付や会計
  • 診療報酬請求業務
  • クラーク業務(医師や看護師の補助)

この他にも病院によって様々な仕事を行います。業務の中でも受付業務は医療機関の顔としての役割が求められるので、接客スキルが求められる職種でもあります。

難しいと思われがちな医療業界の中でも比較的始めやすい仕事です。その上、他の事務職や接客業で得た経験やスキルを活用して仕事が出来ます。

今までの努力を活かしつつ、専門的な知識や経験が身につく仕事です。

どちらも未経験から始められる

調剤薬局事務と医療事務、どちらも就職の際に必要な資格や経歴はありません。未経験でも採用されることの多い仕事です。

しかし、どちらの仕事も医療費を算定・請求する 「レセプト作成」に関する専門的な知識が必要になります。

そのため未経験でも、関連する資格を取得することが、就職や転職を有利に進めるテクニックと言えるでしょう。

また、資格以外では、前職で事務や受付等、両方の職種で必須となる業務をこなしていた場合、評価されやすい傾向にあります。

経験者が優遇される傾向も

調剤薬局事務も医療事務も、レセプト作成をはじめとした専門的な作業を行います。

そのため、採用の際は経験者を優遇する傾向にあります。実際に求人募集を見てみると、経験者のみ募集している求人や、経験者を優遇する旨を記載している所を見つけられます。

未経験で応募する際は、これらの記載がある所は避ける必要があるので、募集要項をしっかりと確認すると良いでしょう。

一度就職や転職をしてまとまった期間働き続けることができれば、転職する時に経験者として応募できるようになります。

そのような経験を積んだ末に、キャリアアップを狙って「経験者のみ募集」の求人を探してみるのも、良い選択です。

調剤薬局事務と医療事務の仕事内容

キーボードと指 調剤薬局事務と医療事務は、仕事内容にも共通する点があります。パソコンを使った入力作業や、受付等の患者さんと接する業務が主な仕事となる点です。

しかし、両方とも細かい部分に違う点があります。それぞれの仕事内容について詳しく説明していきますので、細かい違いに注目しながらご覧下さい。

調剤薬局事務の仕事内容

調剤薬局事務の主な仕事内容は、以下の様になります。

  • 患者対応業務
  • 薬代の会計
  • レセプト業務
  • 薬剤師の手助け

それぞれの内容について詳しく解説していきます。

患者対応業務

まず、薬局を訪れた患者さんから処方箋を受け取り、保険証やお薬手帳を確認します。その後、お薬手帳に張る情報シールや薬袋の記入等の業務を行います。

実際に薬袋に薬を入れるのは薬剤師ですが、その前の準備を整えるのが、調剤薬局事務の仕事です。

シールや記入等の作業で間違えがあると、患者さんの健康に悪影響を与える可能性があります。単純な作業ですが、注意が必要です。

薬代の会計

処方せんの内容を確認したら、それをパソコンの中にある専用ソフトに入力します。専用ソフトを使い、薬代を算出して会計を行うのも、調剤薬局事務の仕事です。

専用ソフトを使うため、処方にかかる計算はパソコンが自動で行ってくれます。作業自体はそれほど難しくはありません。

しかし、患者さんの健康に関する情報や、お金が関係する作業です。間違えれば当然、大変なことになります。自動だとしても入力やお釣りを渡す際は注意しながら行う必要があります。

レセプト業務

調剤薬局事務は、会計だけでなくレセプト業務も行います。レセプトとは、医療機関が保険証を発行している保険者に請求する医療報酬明細書のことです。

私達が医療機関による治療や処方を受けた時に支払う額は、保険証を使った自己負担分のみです。

残りの金額については、保険者に請求を行う必要があり、またそれによって医療機関は報酬を得ています。

調剤薬局事務では、このレセプトを集計した資料を作る、レセプトに関連した細かい雑務を行うことが主な業務となります。

レセプトの提出期限は毎月10日なので、月末や月初めは仕事が非常に忙しくなる傾向にあるのです。

薬剤師の手助け

薬剤師の補助も調剤薬局事務の仕事です。薬剤の発注や管理だけでなく、薬剤師の指導のもと調合の補助を行う場合があります。

ただし、調剤薬局事務は国家資格では無いので、薬剤師の仕事を全て手伝える訳ではありません。出来るのは簡単なお手伝いだけです。

冬のシーズンといったインフルエンザが流行した時等、対応しなくてはいけない患者さんが多い分、薬剤師からお願いされることが多くなる仕事でもあります。

医療事務の仕事内容

次に医療事務の仕事内容です。主な内容としては、次の業務があります。

  • 受付・会計業務
  • レセプトの作成と点検
  • 診療報酬の請求
  • クラーク業務

調剤薬局事務と同様、それぞれの仕事内容について細かく解説していきます。

受付・会計業務

医療事務の仕事の一つである受付業務は、実に色々な仕事を行います。

  • 初めて病院に来院した患者さんに診察券を発行する
  • その月に始めて診察に来た患者さんの保険証が有効かを確認する
  • 診察券や保険証の情報を元にカルテの準備や作成

これらの作業を患者さん一人一人に対応しながらこなしていきます。手早い作業と臨機応変な対応が求められる仕事と言えるでしょう。

また、診察を終えた患者さんのカルテを受け取った後は、会計業務を行います。

カルテの内容から医療費やその請求額を算定し、患者さんに医療費を支払ってもらいます。この時の会計業務も医療事務の重要な仕事です。

レセプトの作成・点検

レセプト作成と点検は、医療事務の重要な仕事の一つです。またレセプト業務は医療機関経営の重要な役割を担っています。

会計業務の説明でも触れましたが、レセプト業務は診療を終えた患者さんのカルテを用いて行います。医療保険制度に則って診療報酬点数を計算し、請求書であるレセプトを作成します。

また、レセプトは 毎月10日に保険者に提出しますが、提出したレセプトに間違いがあった場合は、レセプトが返送されます。

この時、間違いを点検し、修正するのもレセプト作業の一つです。

診療報酬の請求

患者さんの治療費は、レセプトで求めた医療費の内、保険証が定める自己負担分の部分を支払います。この診療報酬の金額を患者さんに請求するのも医療事務の仕事です。

医療費は患者さんから支払ってもらった部分だけでは足りません。残りの金額は国民健康保険団体連合会や、社会保険診療報酬支払機関等の、保険者と呼ばれている機関に請求します。

この請求はレセプトを保険者に送ることで行います。これも請求業務の一つです。

レセプトが医療機関経営に重要な役割を持つ理由として、医療費の大部分を請求する業務に関わっているということが挙げられるのです。

クラーク業務

クラーク業務は主に大きな病院に多い業務です。患者さんや病院の運営を支える業務でもあります。

事務対応や病室の手配、患者さんや看護師をはじめとした医療従事者とのコミュニケーションをスムーズにする手助けを行います。患者さんを診察室や検査室に案内するのも、クラーク業務の一部です。

仕事の大変さを評判から比較

調剤薬局事務と医療事務は仕事内容に共通する部分がありますが、細かな部分に違いがあります。仕事の大変さを実際に働いたことのある方達の意見を参考に、比較してみましょう。

医療事務の場合、事務員の監視者に当たる院長先生が主に診察室にいることが多いです。

医療事務が働いている受付には殆どいません。薬剤師と同じ環境で働く調剤薬局事務に比べると、一息つける時間が長いという意見が多いです。

一方、調剤薬局事務は病院とは違い、正社員だけでなくパートやアルバイトの方も多く働いています。働く人が多い分 休日の取りやすさは調剤薬局事務の方が良いという意見が多く聞けました。

調剤薬局事務と医療事務の活躍の場

見つめあう女性 調剤薬局事務と医療事務は共通する部分の多い職業です。明確な違いとして働く場所があります。それぞれの働く場所について解説していきます。

調剤薬局事務の職場

調剤薬局事務は、調剤薬局やドラッグストアが主な職場となります。この他の職場では、保健所側に勤めて、薬局をはじめとした医療機関から提出されたレセプトの内容を診査する仕事に就く場合もあります。

この他の職場では、コンピューターのシステム会社に勤めて、薬局や医療機関に関係したシステムの構築やマスター作成、メンテナンスに関わる仕事をする場合もあります。

調剤薬局事務とありますが、務める職場は人によって様々です。

医療事務の職場

医療事務の仕事はより多岐に渡ります。主な職場としては病院やクリニックがありますが、この他にも以下の職場で働く医療事務職員がいます。

  • 検診センター
  • 健康保険組合
  • 保険請求診査代行機関
  • 医療事務に関連したコンピューターのシステム会社
  • 損保保険会社

医療事務は働く場所によって覚えられる仕事が違います。また、働く場所の規模によっても仕事内容に違いがあります。医療事務は幅広い活躍が出来る仕事でもあるのです。

両者の就職・転職事情

旅行鞄を持つカエル 調剤薬局事務と医療事務は、仕事に就く方達の高齢化に伴って需要が増している職業でもあります。

大手求人サイトで就職先を探すと大量の求人を見つけられます。次の項目では、それぞれの就職・転職事情について解説していきます。

調剤薬局事務の求人数

調剤薬局事務は、アルバイトやパートとして非常に働きやすい職種です。女性を中心に高い人気を集める職種でもあります。

実際に大手求人情報サイトで検索すると、アルバイトやパートの求人数は 2,200件程度、正社員や派遣社員、契約社員であれば460件程の求人を見つけられました。

求人は多いですが度の給料も給料は低めです。実際推定年収200~300万円の求人が全体の85%以上を占めています。

医療事務の求人数

医療事務の求人は調剤薬局事務とは違い、正社員や派遣社員、契約社員の求人割合が全体の62%程度を占めています。

また、全ての雇用形態の求人数を合わせると約20,000件と、仕事の探しやすさの面では医療事務が圧倒的に上です。

ただし、こちらの求人も推定年収200~300万円の求人が約90%を占めています。平均給与の面では、両者とも無いと言えるでしょう。

両者の給料やパートの時給を比較

虫眼鏡を通して見た財布 求人数の部分で給料について少し触れました。次の項目ではさらに詳しく調剤薬局事務と医療事務の給料を比べていきます。

調剤薬局事務の月給とパートの時給

まずは調剤薬局事務の月給と時給から解説します。調剤薬局事務の正社員の場合、月給16~22万円が一般的な金額といわれています。

パートやアルバイトの場合は、平均時給は800~1,000円とほぼ最低賃金と同じです。

派遣社員の場合は業務経験者としてみなされるため、時給は1,500~1,800円と高くなる傾向にあります。

派遣社員として働く場合の注意点

派遣会社の場合、交通費をはじめとした費用をもらえない可能性があります。

そのため、高い時給をもらえてもかかる費用が大きければ、その恩恵を実感できない場合もあるのです。

これは医療事務にも言えることでもあります。調剤薬局事務も医療事務も、求人の内容や仕事の待遇について注意深く確認することが大切です。

医療事務の月給とパートの時給

次は医療事務の月給と時給です。一般的に医療事務の正社員の平均給料は16~23万円と、調剤薬局事務と大して変わりません。

パートやアルバイトの平均時給も900円程度です。

派遣社員でも1,500円からの求人が多数であることを考えると、給料面では調剤薬局事務との差はあまりありません。

しかし、いずれの職種であっても勤務先の規模や働く時の年齢によって給料が大きく変わる可能性があります。給料については結局働く場所次第と考えましょう。

必要な知識やスキルの違い

本と時計とメガネとペン どちらの仕事も職業に就く為の特別な能力が必要という訳ではありません。

しかし、事前に必要な知識やスキルを身に付けておけば、実際に業務を行う時に迷わずに取り組めるようになります。

共通して必要とされるのが、受付業務に必要とされるコミュニケーション能力や、レセプト作成の時に必要な事務処理能力があります。

また、医療保険を日常的に取り扱うので、医療保険の仕組みと種類、医療保険以外の医療保障制度、労災保険制度等の知識も必要です。

次の項目では、それぞれの職種で必要とされている知識やスキルを紹介していきます。

調剤薬局事務は薬剤の知識が必要

調剤薬局事務は特に調剤や投薬に関する知識を求められます。これに加え処方せんを読み取る能力も必要です。

求められる知識は、薬そのものの知識だけでなく、どういう仕組みで薬が作用しているのか、薬にかかる医療費の計算等の知識もあります。

診療で取り扱う薬に関する分野全ての知識を得ていなくてはならないので大変ですが、診療に関係する分野の知識を全て頭に入れていなくてはならない医療事務に比べれば、覚える知識はずっと少なくて済みます。

医療事務は医学的な技能が必要

医療事務はカルテを読み取りそこからレセプト作成や医療費の算定を行います。そのため、カルテの読み取りに必要な用語や、人体の構造等基礎的な医学知識が必要です。

レセプトを作成する際も、診察や検査、投薬やレントゲン等、調剤薬局事務よりも覚えなくてはならないことがたくさんあります。その上、診療の内容から適切な医療点数を設定・算定する技術も必要です。

また、診療報酬点数は入院や外来で点数の計算方法が違います。診療科や患者さんの状態によって違う点数の計算方法を知り、実行できなくてはいけないのです。

メリットのある資格と取得費用

タブレットと星を指さす人 調剤薬局事務と医療事務には就職の差に必要な資格はありません。

しかし、資格を取得しておくことで採用されやすくなる、資格手当が付くといったメリットがあります。就活や転職を考えているなら、資格を取得することをおすすめします。

どちらの仕事も関係した資格は多いですが、レセプト作成業務のことを考えると、その技術を証明できる資格が望ましいです。次の項目では、それぞれのおすすめ資格を紹介していきます。

調剤薬局事務のおすすめ資格と取得費用

調剤薬局事務の場合「調剤事務管理士」「調剤報酬事務技能検定」等がおすすめです。

これらの資格は、取得を通してレセプトや調剤についての知識を学び、実力があることを証明出来ます。

この他の資格では「調剤報酬請求事務専門士1級」の資格もレセプト作成業務の時に資格手当が付きやすいので、おすすめです。

調剤事務管理士や調剤報酬事務専門士の資格は独学で合格を目指せるため費用はあまりかかりません。

しかし、調剤報酬事務技能検定資格は、実施する団体の認定する講座を修了する必要があるため、5万円程費用が必要になる場合が多いです。

資格取得の際は、受験条件や受験費用等の費用面にも注意して選ぶようにしましょう。

医療事務のおすすめ資格と取得費用

次に医療事務を目指す時におすすめの資格と取得費用を紹介します。

医療事務の場合は、「医療事務技能審査試験」「診療報酬請求事務能力認定試験」の2つがおすすめです。

医療事務の資格は調剤薬局事務の資格よりも取得難易度が高く、通信講座や医療系の専門学校に通って試験対策をする方がほとんどです。そのため、比較的費用も高くかかる傾向にあります。

例として、通学講座や通信講座だと高いもので5~10万円程、医療系専門学校だと年間70~120万円程の費用が必要になります。資格試験に挑戦する前に、試験にどれだけ費用をかけられるかも確認しておきましょう。

どっちがおすすめ?

両手にイエスノーボールを持つ女性 ここまでの内容を統括すると、以下の様になります。

  • 調剤薬局事務は休日や対応する資格が取りやすいメリットがある
  • 医療事務は比較的余裕を持って仕事ができ、求人数が多いので1度体験すれば就職も転職もしやすい
  • 調剤薬局事務は調剤薬局のスペシャリスト、医療事務は医療機関のスペシャリストと異なる役割がある

この内容を踏まえると、自分がどの様に、どんな職場で働きたいかを具体的にイメージして選ぶ必要があることが分かります。

これからの項目では、それぞれの職業に向いている方の特徴を紹介していきます。どっちの職業を選ぶかの参考にして下さい。

調剤薬局事務の適性一覧

調剤薬局事務は医薬品を頻繁に扱います。そのため、ネイルや香水、髪の色にこだわりがある方はあまり向いていません。

つまり患者さんのために、 衛生的で清潔感を感じられる身だしなみが出来る方が向いていると言えるのです。

また、調剤薬局事務の仕事はパソコン操作が主です。WordやExcelを使える方は適性があります。

この他、人と関わることが多い仕事でもあるので、明るくハキハキした方や患者さんに分かりやすい説明が出来る方も適性があります。

医療事務の適性一覧

医療事務は普段の対応だけでなく、患者さんのクレーム等にも対応しなくてはならない場合が多いです。

嫌な思いをしても立ち直りの早い方や、心が折れない強さがある方が向いています。

また、医療事務は調剤薬局事務に比べて、多くの職種についている方達と連携を取って仕事をします。そのため、チームワークを重視出来る方や、 協調性に優れた方も適性があります。

医療事務の仕事でもパソコン操作のスキルは必要ですが、医療機関で働く場合は 正確性と作業スピードの速さが重要になります。作業の正確さや速さに自信のある方にも向いている職業です。

調剤薬局事務と医療事務まとめ

調剤薬局事務と医療事務まとめ

  • 調剤薬局事務と医療事務は、共通する仕事も多いが細かい所で違いがある
  • 仕事の幅や覚えられる内容の多さで言うと医療事務の方が大きい
  • 調剤薬局事務のメリットは休日の取りやすさと資格難易度が低いこと
  • どちらもパソコン操作と接客スキルを求められる仕事

調剤薬局事務と医療事務は、仕事内容に共通する点が多いです。しかし、細かい所で色々な違いがあります。

この違いにより、職業に対する適正も違いが生まれているのです。就職や転職を成功させるには、この違いを正しく覚えておくことが重要になります。

自分の適性や両者の仕事内容を比べてみて、どちらが自分に向いているかを考えてみましょう。

その上で、調剤薬局事務と医療事務、どっちに就職や転職するかを決めた方は、まずは資格取得に挑戦してみると良いかもしれません。